日本たばこ産業(東京都)は、飲料製品の製造販売事業からの撤退を目的として、飲料自販機オペレーター事業子会社であるジャパンビバレッジホールディングス(東京都、売上高1204億円、経常利益22億円、純資産584億円、以下JB)の保有株式、ジェイティエースター(千葉県、売上高44億円、経常利益6千万円、純資産5億円、以下JTB)及び自社飲料ブランドをサントリー食品インターナショナル(東京都)に譲渡することに関し基本合意書を締結した。

譲渡対象は、JBの株式(保有割合70.5%)、JTAの全株式、ジャパンビバレッジエコロジーの株式(保有割合49.7%)及び「Roots」及び「桃の天然水」ブランド。

予定譲渡価額は1500億円。

最終契約締結予定は2015年7月。