三井化学は韓国のSKC Co., Ltd. (ソウル)と両社のポリウレタン材料事業を統合し、2015年4月1日付で韓国に合弁会社を設立すると発表した。三井化学は同事業を会社分割により新設会社に承継させ、合弁会社がその新会社の全株式を取得する。合弁会社はSKCとの折半出資で、三井化学の持ち分法適用関連会社となる。両社は新規顧客の開拓や経営資源の効率化、コスト競争力の強化などを進める。

分割する事業の直近売上高は953億円。譲渡価額は非公表。

追記事項

2015-03-23

新設会社の社名は三井化学SKCポリウレタンで、合弁会社はMitsui Chemicals & SKC Polyurethanes Inc. とする。統合時期は2015年7月1日に変更した。