サントリー食品インターナショナル<2587>は、ひ孫会社であるインスタントコーヒー事業を展開する3社、Cerebos (Australia) Limited、Cerebos Gregg's Limited、Asian Home Gourmet (CPL) Pte Ltdの全株式を、加工食品の製造販売を行うThe Kraft Heinz Companyへ譲渡することを決議した。

オーストラリア、ニュージーランド及びシンガポールにおける事業の最適化を図るため、当該地域における食品及びインスタントコーヒー事業を展開する子会社の株式を譲渡することで合意した。フレッシュコーヒー事業については、引き続き当社グループにおいて事業を展開し、成長市場である当該事業の強化を図る。

株式取得価額は、約260億円。※

譲渡実行予定日は、平成30年第1四半期。

※上記金額は、事業価値評価額(移動する子会社3社の合計金額)であり、実際の譲渡価額は、譲渡契約に定める株式譲渡実行時の価格調整を実施した金額となる予定である。