M&A速報

SBSホールディングス<2384>、リコー<7752>の物流子会社リコーロジスティクスを子会社化

2018/05/18

SBSホールディングスは、リコーの完全子会社で運輸・倉庫業のリコーロジスティクス(東京大田区。売上高717億円、営業利益19億2000万円、純資産139億円)の株式66.6%を180億円で取得し、連結子会社化することを決めた。取得予定日は2018年8月1日。

リコーロジスティクスは1964年にリコーの物流部門が独立して誕生。リコーグループの物流全般を担い、国内に100を超える拠点、海外に5拠点を持つ。

運輸業界はドライバーをはじめ人手不足に起因する人件費や外注費の増加に加え、原油価格が上昇局面に転じたこともあり、厳しい経営環境に置かれている。こうした中、SBSホールディングスは2017年に創業30周年の節目を迎えており、リコーロジスティクスを取り込むことで成長戦略を加速させる。

リコーはリコーロジスティクス株式の残りの持ち分について、同社が今後全額出資で設立する新会社に譲渡した上で、この新会社の株式33.4%を大塚商会に譲渡する。リコーロジスティクスにとって大塚商会はリコーに次ぐ大口取引先。最終的にリコーロジスティクスの株主構成はSBSホールディングス66.4%、リコー約22%、大塚商会約10%となる。

M&Aデータベース

関連の記事

【12月M&Aサマリー】過去最多に並ぶ78件、案件規模も復調傾向へ

【12月M&Aサマリー】過去最多に並ぶ78件、案件規模も復調傾向へ

2021/01/06

2020年12月のM&Aは前年同月と同数の78件となり、過去10年で最多だった2019年に並んだ。取引金額10億円超のM&Aは19件と2月23件、11月21件に続く年間3番目で、ここへきて「コロナ」以前の月間20件前後のペースに戻した形だ。

【5月M&Aサマリー】コロナの逆風下で69件、過去10年で2番目の高水準

【5月M&Aサマリー】コロナの逆風下で69件、過去10年で2番目の高水準

2020/06/02

5月のM&Aは69件と、過去10年で18年(73件)に次ぐ2番目の高水準となった。コロナ下、4月は大幅に落ち込んだが、持ち直しに転じ、M&A市場の底堅さを印象づけた。ただ、海外を中心に大型案件がほぼ姿を消し、国内案件も小型化が目立つ。

富士フイルムだけではない、海外M&Aの「誤算」

富士フイルムだけではない、海外M&Aの「誤算」

2019/11/07

富士フイルムHホールディングスは米ゼロックスの買収を断念した。ゼロックスが買収合意を破棄して1年半にわたり対立が泥沼化していた。日本企業による海外M&Aの“誤算”は枚挙にいとまがない。過去の主な事例をピックアップする。

「リコー」と「コカ・コーラ」の意外な組み合わせ

「リコー」と「コカ・コーラ」の意外な組み合わせ

2018/02/22

リコーは、保有するコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングスの株式のすべてを約560億円で売却する。実は、リコーは日本コカ・コーラに次ぐ大株主で現在8.28%を保有する。複写機を中核とする事務機大手と「コカ・コーラ」の意外な関係とは。

【リコー】「再成長」へM&A投資  2000億円

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

2018/02/15

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

【コカ・コーラボトラーズジャパン】敵は米国にあり?-統合は「ゴール」ではなく「修羅場の入り口」だ 
【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

【SBSホールディングス】5年間で売上を8倍にした物流ベンチャーのM&A戦略とは?

2015/10/23

2015年で創業27年を迎えるSBSホールディングス。03年にM&Aに乗り出して以来、相次ぐM&Aで売上高は5年で8倍の1470億円を達成。業界上位5社入りを目標とするM&A戦略をたどる。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5