サントリー食品インターナショナル(東京都)は、飲料ブランド『Lucozade(ルコゼード)』『Ribena(ライビーナ)』のナイジェリアにおける製造、販売会社であるグラクソ・スミスクライン ナイジェリア社(ナイジェリア、以下GSK ナイジェリア社)より、同2ブランドの製造、販売に関する事業基盤(建物、製造設備、営業基盤等、売上高約90億円)を譲り受ける。

サントリー食品インターナショナルは、2013年12月に英国グラクソ・スミスクライン社から同2ブランドおよびその事業基盤を譲り受けていたが、ナイジェリアにおいてはGSK ナイジェリア社が、ライセンス契約に基づき、製造、販売を継続しており、今回、ナイジェリアにおける製造から販売までを手がけることで、同国およびアフリカ全体での事業強化を図っていくとしている。

事業取得価額は約70億円。

事業譲受予定日は平成28年8月末。