menu
Social media

ビジネス

「排除」前言だけが敗因じゃない、M&Aの視点でみる「希望の党」

Cover 579cb64a c832 4a2e 9778 24c284a0864a

「排除宣言」の背景は…

「希望の党」が2017年11月10日の両院議員総会で、同党国会議員のトップとなる共同代表に玉木雄一郎衆議院議員を選出し、ようやく国会でのスタートを切った。しかし、前回の衆院選で過半数超えを狙って235人を公認したものの、わずか50議席に終わった傷跡は深い。結党早々、歴史的大敗をした非常に珍しいケースだが、「民進党と希望の党によるM&A」という視点から今回の敗因を探ってみよう。

 希望の党の敗因として最も多く指摘されているのは、東京都知事でもある小池百合子代表の「排除宣言」だ。とはいえ小池代表が「排除宣言」をしたのには、それなりの背景がある。当時、小池代表には様々な「仲介者」から提携の申し入れや情報があった。なかでも「自民党の反安倍(晋三首相)派が党を割って希望の党に合流する」との情報は、小池代表の心を大きく動かしたという。

 これが実現すれば民進党の左派グループは、自民党反安倍派との合流後の党内で不協和音を引き起こす要因になる。さらに自らが代表とはいえ、所属議員の多数が左派・右派混交の民進党出身者となると選挙後の党運営で主導権を握れなくなるおそれもあった。ならば自分と意見の近い自民党出身者と民進党右派に候補者を絞った方が、選挙後の党運営に有利だ。なにより自民党反安倍派へ合流の秋波を送ることになる。そこで飛び出したのが「排除宣言」というのだ。

「希望的な観測」が判断を誤らせた

 ところが「排除宣言」の直後に、希望の党に合流すると目されていた自民党幹部が「そんな話はしたことも、聞いたこともない」と明言して、「自民党分裂」の噂は立ち消えに。小池代表があわてて「排除宣言は本意ではない」と否定したが、時すでに遅し。あまりのタイミングの良さに「官邸が仕掛けた謀略だったのではないか」との勘繰りもあった。しかし、どうやら仲介人の一人が出馬に煮え切らない小池代表を選挙に引っ張り出すために語った「希望的観測」が、同じく小池代表出馬を熱望する側近から「重大情報」として小池代表本人に伝わったようだ。

 もともと「希望の党が勝利するには、小池代表の出馬が絶対条件」というのが、政界の一致した見方だった。民進党の前原誠司前代表も「小池さんは政権奪取が狙えるとなれば、都知事を辞任して衆院選に出馬するはずだ」との情報を小池氏側近から聞いて、希望の党への合流を決断している。この「政権奪取が狙えるとなれば」の部分が仲介者たちに共有され、「自民党反安倍派の離党・合流」の噂に現実味を持たせたわけだ。トップ同士の本音話が交わされないまま、情報は複数の仲介者や側近者たちを介して「伝言ゲーム」のように伝わった。

 ようやく10月5日に小池代表と直接会って正式な出馬要請をした前原氏だったが、すでに「排除発言」で希望の党の支持率は急降下していた。前原氏が小池代表の側近から聞いた「政権奪取が狙えるとなれば」との情報は正しかったようだが、選挙情勢は政権を奪取する状況ではなくなっていた。結局、小池代表は「出馬しない」と明言し、希望の党主導による政界再編構想は完全に破綻する。

政治

関連のM&Aニュース

NEW! 東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

シャープ<6753>、Fritz Schumacher AGを子会社化

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

シャープ<6753>、子会社の堺ディスプレイプロダクトを譲渡

シャープ<6753>、ソフトウェア開発・人材派遣業子会社を売却

シャープ<6753>中国物流ソリューション会社と業務提携し、新会社設立へ

シャープ<6753>欧州市場シャープ液晶テレビ事業運営会社との業務提携強化へ

シャープ<6753>、鴻海グループの知的財産関連業務を担う企業と業務提携し、同事業子会社設立へ

シャープ<6753>、香港のRoxy社と業務提携解消、合弁会社株式50%を取得し子会社化

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

シャープ<6753>、第三者割当による新株式発行により経営権を鴻海グループに譲渡

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

シャープ<6753>、孫会社の太陽光発電開発事業社及びその持株会社を売却

シャープ<6753>、凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業を統合。

凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業をシャープ<6753>の子会社に統合。

シャープ<6753>、鴻海精密工業と業務資本提携。

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

シャープ<6753>、米国の発電開発事業者リカレント社を完全子会社化

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

大論争!「のれん」は償却すべきか?

大論争!「のれん」は償却すべきか?

「国際財務報告基準」とも呼ばれるIFRSと日本の会計基準とは、長年のコンバージェンス(収斂)に向けた調整の結果として、おおむね同等の会計基準となっている。いまだに残っている主要な差異の1つがのれんの会計処理だ。のれん償却には賛成派と反対派の立場が存在する。


注目の記事

Thumb 19292e88 9d26 4acb 8847 a1a104266bdc

次はどこが買収されるのか。リチウムイオン電池の業界地図が様変わり?

充電式の電池(二次電池)をめぐり、事業買収や設備投資の動きが活発化してきた。スマートフォンやパソコンなどの携帯機器向けに需要が急拡大しているためだ。村田製作所<6981>がソニー<6758>の電池事業を2017年9月に買収したほかTDK<6762>が2018年からの3年間で1000億円を投じて、設備を増強する。

Thumb ad4bc512 bad0 437f b6fe d32a13aeaec2
Thumb db219acd 25ec 43cb 8d56 3998b0b0f58a
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c