menu
Social media

ビジネス

ベライゾン、ヤフー買収見直しか?

Cover 8710bf69 8934 4fe3 aeef a3c85f662d6b

ベライゾンが米ヤフー買収にあたって買収見直しを検討している模様です。理由は買収後に発覚した個人情報流出の件

米インターネット大手ヤフー<YHOO>は9日、米証券取引委員会(SEC)に提出した報告書で、今年7月に同社のインターネット事業を米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ<VZ>に48億3000万ドル(約5160億円)で売却することで合意したことについて、その後発覚したヤフーの個人情報漏えい問題による損害などが原因となって、ベライゾンが合意を取り消す可能性があると警告した。

これが意図的に隠していたとあれば買収はなかったことになりそうですが気になるのは株価

ベライゾン・コミュニケーションズは大手通信サービス業者。子会社ベライゾン・ワイヤレスを通じて全米でワイヤレス音声、データサービスと携帯端末の販売のほか、メール、モバイルブロードバンド、コンテンツ配信サービスを提供。また、固定電話、インターネット接続、ブロードバンドビデオ・データ通信、IPネットワーク、長距離電話サービスを提供。

45ドルを割るかどうかで上昇か下降かに分かれそうな今回のニュース。

ベライゾンは昨年6月に買収したAOLとヤフーの資産とを組み合わせることで、モバイル/ビデオ広告を中心とした広告事業の強化を図りたい考え。ただし、両者の市場シェアをあわせても米デジタル広告市場全体の5%程度に過ぎず、グーグル(Google)、フェイスブック(Facebook)の2強による寡占がつづくなかで、当面は厳しい戦いを迫られる可能性が高いとWSJは記している。

広告事業の強化などを図りたかったみたいですが

多くのインターネットプロバイダーたちは、ただ消費者にネットアクセスを売るビジネスから、ほかのビジネスラインへと拡大することを狙っている。2015年にベライゾンがAOLを44億ドル(約4500億円)で買収し、そして今回ヤフーを買収したのも、2社が擁するデータと広告ビジネスを手に入れるためだ。これによってベライゾンはオンライン広告市場でGoogleとFacebookに(はるかに離れてはいるものの)3位の座についたことになる。

本記事は「気ままに長期投資で米国株」より転載しております。

関連リンク
ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の買収まとめ
ベンチャーM&A速報レポート(10)ARMをソフトバンクが買収。相次ぐ大型M&Aとその共通点は?

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


海外報道・メディア

NEXT STORY

『やっぱりTモバイルが好き』 AT&Tの買収に続くかコムキャスト

『やっぱりTモバイルが好き』 AT&Tの買収に続くかコムキャスト

AT&Tによるタイム・ワーナーの買収が通信業界の再編の波を起こすか注目されています。そこに待ったをかけたのは次期米大統領のドナルド・トランプ氏でしたが、ソフトバンク孫氏との電撃会談で風向きは変わるのでしょうか


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333