menu
Social media

ビジネス

スプリントとTモバイルUSの合併承認 鍵を握るのは米政府

Cover 2a9275ed a628 49a1 bce3 470b213b31ef

ソフトバンク子会社スプリントとTモバイルUSの合併承認へ

鍵を握るのは米政府と全米各紙が報道

ソフトバンクグループは、傘下にある米携帯電話4位のスプリントと、同3位のTモバイルUSの経営統合について、Tモバイル親会社の独テレコムと大筋合意した。今回の合併が実現すれば、米国内2強のベライゾン・コミュニケーションズとAT&Tに迫る規模の会社が誕生し、3強時代を迎えることになる。

このニュースは、9月下旬以降、米国内のメディアを賑わせている。報道内容の特徴として、今回の合併を米連邦通信委員会(FCC)が承認するかどうか、米国内の政治情勢と突き合わせつつ分析する記事が多い。

表1:米国の携帯事業会社ランキング

順位企業名携帯電話契約者数(百万人)売上高(百万米ドル)
第1位 ベライゾン 147.26
163,786
第2位 AT&T 136.5125,980
  Tモバイル+スプリントUS 122.28 
第3位 Tモバイル 69.5637,242
第4位 スプリントUS 52.7233,347

※売上高は、携帯電話事業以外も含む
※ソースは、各社有価証券報告書(売上高)、Statista(2017年2Q契約者数)

表2:米国の携帯電話契約者数推移(Statista)

Statista https://www.statista.com/stati...

「鍵を握るのはトランプ大統領」―米ニューヨーク・タイムズ紙

米ニューヨーク・タイムズ紙によると、両社の合併案は米規制当局の認可を得る必要があるが、その鍵を握るのはトランプ大統領であるとしている。大統領は、国内ビジネスの活性化を図る一方、アメリカ一般市民を意識したポピュリズムにも重きを置いている。米当局としては、(認可を出さず)TモバイルUSの現状維持を図ることで、他社からの乗り換えニーズの受け皿をこのまま確保しておきたいところだろう。 

TモバイルUSは、他社から乗り換える際の解除料金負担など独自のサービスを誇る。また同社は、貧困層やクレジットカードを持たない層から歓迎される製品(プリペイド市場)に強い。S&Pの試算によれば、スプリントとの合併により、同市場の50%以上を新会社が占めることになる。直接対決の競争が失われることにより、料金引き上げにつながり、経済的に恵まれない利用者の負担が増加すると懸念する声も聞かれる。 

両社は大枠で合意したと伝えられるが、スプリントを統括する日本のソフトバンクグループがTモバイルUSとの話し合いを、米当局の反対により断念した3年前に比べ、成功の見込みが高まったとは言いきれないと同紙は指摘。

海外報道・メディア

関連のM&Aニュース

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

米テスラのM&A加速の裏にトヨタの提携解消が?

米テスラのM&A加速の裏にトヨタの提携解消が?

米電気自動車(EV)メーカーのテスラは2017年11月6日、米自動工作機械メーカー・パービクスの買収を発表した。テスラは新型セダンの量産でつまずいており、生産技術を向上するのが狙いのようだ。同社は16年11月にも独機械設備メーカーを買収しており、今後も生産技術関連のM&Aに力を入れることになりそうだ。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c