menu
Social media

ビジネス

海外メディアが報じる 相次ぐ海外M&Aに賭けるJT(日本たばこ産業)の思惑とは

Cover e75abe03 a140 4cca bace ce0b451bd857
※画像はイメージです

熾烈なたばこバトル 相次ぐ海外M&Aに賭けるJTの思惑とは

日本たばこ産業株式会社(JT)<2914>が、新興国のM&Aを急速に推し進めている。インドネシアのたばこ会社の買収に続き、8月22日にはフィリピンのたばこ大手、マイティー・コーポレーションの買収を発表した。先進国においては紙巻きたばこ販売の成長を見込みづらい中、手薄だったアジア市場開拓に本腰を入れ、世界規模でのシェア拡大をめざす。 

◆フィリップ・モリス追撃のためフィリピン大手2位を買収

JTは、株式の33.35%を国が保有する財務省所轄の特殊会社で、売上高は世界第4位(中国の国家煙草専売局を除く)だ。1999年には米RJRナビスコの米国外事業(6000億円)、2007年には英ギャラハー(2兆円超)と、2度の巨額買収でその名をとどろかせた。

世界の大手たばこ会社ランキング(2016年)

https://www.statista.com/statistics/259204/leading-10-tobacco-companies-worldwide-based-on-net-sales/

今回の買収はそれに次ぐ規模で、468億フィリピンペソ(約1048億円)をもって合意。フィリピンで第2位大手マイティーの資産を引き継ぎ、同国内約6%にとどまっているシェアの引き上げを狙う。JTが取得するのは、マイティーの流通販売網や製造設備、製品や半製品、原材料などの在庫、商標などの知的財産権。市場シェア約7割と圧倒的な首位を保つ米フィリップ・モリス(PMI)の後を追う。 

◆東南アジアを拠点にめざす、事業基盤強固化

英フィナンシャルタイムズ紙によると、JTがインドネシアとフィリピンにターゲットを定めた理由として、「多くの島々から成り立つこれらの国々での販売網形成のため」であり、「合計3.6億もの人口と、5%以上の経済成長率を有する両国は、マーケットとしてふさわしい」とコメントしている。

JTによる2016年の新興国販売は1379億本と海外販売の3割を占め、販売本数も年々増加傾向にあることから、「JTの海外戦略における眼のつけどころは鋭い」と同紙は賛辞を送る。ただしフィリピンの喫煙者が、より高品質のたばこを求めるようになった場合のリスクも否定できないとする。もっとも、JTグループは自社ブランド「Winston」で都市部および中価格帯に販路を見出し、一方、マイティーも自身のブランド「Mighty」「Marvels」により、市場の50%以上を占めるバリュー価格帯でリーディングポジションを得ていることから、住み分けがなされているとの分析結果もある。

海外報道・メディア

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

楽天、「フリーテル」を5億2,000万円で買収

楽天、「フリーテル」を5億2,000万円で買収

9月26日、楽天は、「フリーテル」ブランドで急成長していたプラスワン・マーケティングの国内MVNO事業(仮想移動体通信事業)を買収すると発表した。対象事業の2017年3月期の売上高は43億2,900万円。買収額は破格の5億2,000万円だ。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333