ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

2017年3月期決算、上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

alt

GC注記・重要事象の付記企業は合計63社

 GC注記は22社で、2016年9月中間決算(20社)を2社上回った。中間決算でGC注記が付記された20社のうち、北日本紡績(株)(東証2部、白山市)、(株)Nuts(JASDAQ、東京都港区)、クボテック(株)(東証1部、大阪市北区)の3社は、解消した。(ただし、Nuts、クボテックの2社は重要事象の記載が継続)。中間決算でGC注記が付いていなかったが、本決算で付いたのは6社。このうち、再建が注目されるタカタ(株)(東証1部、品川区)は、中間決算は「重要事象の記載」にとどまっていたが、第3四半期決算以降はGC注記が付いた。

  9月中間決算でGC注記が付いていた(株)郷鉄工所(東・名証2部、岐阜県垂井町)は、決算が6月4日時点で未発表。また、(株)東芝(東証1部、東京都港区)は、監査意見不表明の状態で発表した2016年12月第3四半期決算で初めてGC注記が付いた。同社の3月期本決算の発表見通しは不透明で、今回集計では対象外だが、3月期決算でも引き続きGC注記は避けられないとみられる。

  重要事象を記載した上場企業は41社で、前年度本決算(43社)より2社減少した。9月中間決算(39社)からは2社増加している。中間決算では記載がなかったが、3月期決算で重要事象を記載したのは8社だった。シャープ(株)(東証2部、堺市堺区)は、「本業不振」により2015年3月期から3年連続で重要事象が記載されている。

 ※本調査は、全証券取引所に株式上場する3月期決算企業を対象に、6月4日までに発表された2017年3月期決算短信で、「GC注記」及び「重要事象」が記載された企業を独自集計した。 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年6月8日号に、分析結果と63社のリストを掲載予定)

東京商工リサーチ データを読む より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【特報】「継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)に関する注記」の東芝の分析 

【特報】「継続企業の前提(ゴーイングコンサーン)に関する注記」の東芝の分析 

2017/04/23

東芝は2016年3月期決算において、悪化成り行き倍率1年が出ていました。悪化成り行き倍率とは、このトレンドで来期も行く場合、あと何年で破綻するかという指標です。

関連のM&Aニュース