タカタ(株)は、連結子会社のインテリア・トリム製品メーカー、Irvin Automotive ProductsInc.(米国、連結売上高485億円(480,598,288US$))の全株式をIrvin Acquisition LLC(米国、以下 「Irvin Acquisition」)に譲渡することを決議し、譲渡契約を締結の上、譲渡完了したことを発表した。

本件譲渡は、自動車安全部品の製造・販売というコア業務以外の事業売却の一環であり、譲渡先Irvin Acquisitionは、本件譲受の為に新たに設立された責任限定会社であり、同社は、自動車部品の製造・販売を主たる事業とする、米国 Michigan 州所在のPiston GroupのオーナーであるVincent Johnson氏が過半数を出資しているとのこと。今回の譲渡により、2017年3月期第2四半期決算において100億円程度の特別利益が発生する見込み、としている。

株式譲渡価額は非公表。

株式譲渡実行日は2016年9月28日(米国時間)。