menu
Social media

ビジネス

モノ消費からコト消費へ 2017年注目のVR関連銘柄

Cover 04fd4446 2788 4af9 82bd 96beb2d66307

 1月2日、百貨店各社は2017年の初売りを開始した。今年の目玉は「体験型福袋」だ。消費の潮流がモノからコトへとシフトしていることを象徴する。

 松屋の銀座店では2日から、「銀座×築地こだわり福袋」を売り出した。築地市場見学、築地魚河岸での食事や中華料理店のペアランチ、銀座のバーでのペアカクテルなど盛りだくさんの内容だ。価格は3万2400円。このほか、菜園料理家の出張料理教室付きの料理道具セット(6万4800円)や、挙式やウエディングドレス、料理がセットになったプレミアムウェディング福袋(88万円)などユニークな体験型福袋が目白押しだ。

 近鉄百貨店では、伊勢志摩サミットを体験できる福袋が初登場した。2016年に開催された伊勢志摩サミットで各国首脳が宿泊した「伊勢志摩ホテル ザクラシック」の部屋に宿泊し、首脳に提供したメニューと同じイメージの料理を堪能、記念写真の撮影も付く。価格は20万1700円。すでに販売を始めており、1月3日まで応募できる。

 百貨店ではないがこんな変わり種福袋も。東京都品川区のしながわ水族館は、10分の1の確率でイルカトレーナー体験のチケットが当たる福袋を2日から売り出した。

 各社が体験型福袋に力を入れるのは、モノが売れにくくなっていることの裏返しでもある。個人所得の低迷で節約志向が高まっていることに加え、フリーマーケットアプリを通じた中古品の個人間売買、シェアリングエコノミーと呼ばれる複数の人でモノを共有するサービスが台頭し、モノを買う必要性が薄れているのだ。

 こうした中、体験はモノと違い、在庫として持ち運ぶことができないため、モノへの執着の薄い若年層でも購買意欲をそそりやすい。加えてフェイスブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及で、写真を投稿、共有する文化が若年層を中心に広がっていることもコト消費の拡大を後押ししている。

 こうした消費トレンドの変化は、M&Aにも少なからぬ影響を与えることになるだろう。テーマパークやゲームセンターなどの体験型施設に加えて、今年特に注目されるのは仮想空間を現実世界で体感するバーチャル・リアリティー(仮想現実)だ。

行事・イベント

NEXT STORY

グリー、純資産1億円の動画ベンチャーに43億円 業績にも底入れ感

グリー、純資産1億円の動画ベンチャーに43億円 業績にも底入れ感

グリーが攻めの経営に転じている。2016年10~12月期は四半期ベースで4年ぶりの増収となったほか、43億円を投じてファッション動画を手掛けるベンチャーを買収する。業績の底入れ感が出てきたことを支えに成長分野の動画事業を強化する姿勢を鮮明にした。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344
Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92