menu
Social media

今からでも間に合う 12月決算の株主優待10選

Cover a53501a1 dce2 4dc5 ad2c 703edfa4b271
東京都競馬の株主優待券は大井競馬場の開催日に入場できる

 株式投資のお楽しみの1つである株主優待。もうすぐ年末ということもあり、12月期決算企業でユニークな株主優待を実施している企業についてまとめてみました。

 まず飲食ジャンル。小僧寿しの持ち帰り寿司と築地銀だこのたこ焼きを優待券で購入し、キリンの一番搾りで乾杯。デザートは不二家のケーキでーー。というような優待パーティーを開くことも可能です。特に小僧寿しは優待を得るための最低投資価格41500円に対してグループの店舗で使える5000円相当の割引券が付き、「優待利回り」は12%とかなり高めです。

 次にレジャー・娯楽ジャンル。ヤマハ発動機はサッカーJリーグのジュビロ磐田の観戦ペアチケット、ヤマハ発動機ジュビロ ラグビー観戦ペアチケットなどから選ぶことができます。また同社は3年以上の長期保有の株主に対して、株主優待で使えるポイントを多めに付与する制度も導入しています。

 東京都競馬では、100株以上で大井競馬場の開催日に入場できるほか、5万株以上で株主の優待席を利用できます。1000株以上で東京サマーランドの株主招待券がもらえるので、競馬が興味ない人でもプールが好きな人にはおすすめです。上場不動産投資信託(REIT)のジャパン・ホテル・リート・投資法人は10口以上所有している投資家に宿泊割引券5枚、レストラン割引券5枚を配布しています。ただし、優待を受けるには6月末時点で10口以上所有している必要があります。

 株主優待を受けるためには決算期末時点で株主となっている必要があります。12月決算企業の場合、今年は12月末時点で株主となる権利付きの最終売買日が12月27日となります。期末直前になると、優待狙いの売買が増えて、株価が上昇することも予想されるので、早め早めに準備するのがよいでしょう。もちろん、優待だけに目を奪われるのではなく、業績や配当の動向もチェックするのをお忘れなく。

まとめ:M&A Online編集部

関連リンク 株主優待のある株への長期投資の勧め(1)

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


行事・イベント

NEXT STORY

株主優待の拡充相次ぐ 日清、株主専用カップ麺/すかいらーく、食事券3倍

株主優待の拡充相次ぐ 日清、株主専用カップ麺/すかいらーく、食事券3倍

株主優待を新設・拡充する企業が相次いでいる。M&A巧者で知られる日本電産は初めて株主優待を設けたほか、すかいらーくは株主優待の食事券の金額を3倍に引き上げた。M&A Online編集部が最近制度を変更した優待銘柄を紹介する。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544