M&A速報

タカタ<7312>、ドイツと米国の子会社の事業を譲渡

2017/02/23

タカタは事業売却の一環として、ドイツ子会社の全株式と、米国子会社2社の全事業を、米国で航空機部品の製造・販売事業を展開するTransDigm Group Incorporated(オハイオ州)に譲渡すると発表した。

対象のドイツ子会社は、航空機やヘリコプター向けシートベルトの製造・販売を行うSCHROTH Safety Products GmbH(アルンスベルク。売上高約23億4000万円、純資産約9億8100万円)。また、米国でレーシングカー向けの安全部品の製造・販売を行うTakata Protection Systems Inc.(コロラド州)と、航空機向け座席シートの製造・販売を行うInteriors In Flight Inc.(フロリダ州)については、全事業を譲渡する。

譲渡価額は合計で約99億円。譲渡日は2017年2月22日(米国時間)。

M&Aデータベース

関連の記事

大型倒産のタカタが場外乱闘?創業家のお家騒動が勃発

大型倒産のタカタが場外乱闘?創業家のお家騒動が勃発

2018/06/17

タカタ創業家の高田重久・前タカタ社長と実母の高田暁子氏との間の「親子喧嘩」で、民事裁判に発展していることがわかった。タカタの関係者は「この裁判は民事再生手続きに影響はない」とあくまでも身内の争いと突き放す。

【タカタ破綻】事業譲渡の代金は15億8,800万ドル、一部を補償基金の拠出に

【タカタ破綻】事業譲渡の代金は15億8,800万ドル、一部を補償基金の拠出に

2018/02/11

エアバッグ大手のタカタと関連会社の事業譲渡説明会が開催された。アメリカ司法省と司法取引で合意した補償基金への拠出に8億5,000万ドルが発生するが、これらは事業譲渡代金15億8,800万ドルより拠出されると公表された。

欠陥エアバッグのタカタを買収した均勝電子はどんな会社か?

欠陥エアバッグのタカタを買収した均勝電子はどんな会社か?

2018/01/22

均勝電子(ジョイソンエレクトロニクス)は、中国の新興自動車部品メーカーである。世界の自動車部品会社を次々と買収し、わずか1年でKSSとタカタの2社を傘下におさめた。

タカタの民事再生法申請から3カ月、連鎖倒産は「ゼロ」

タカタの民事再生法申請から3カ月、連鎖倒産は「ゼロ」

2017/10/08

製造業としては戦後最大の倒産となった、エアバッグ製造大手のタカタ。民事再生法の適用を申請してから、3カ月が経過し、いまのところ連鎖倒産は「ゼロ」が続いているが、キー・セイフティー・システムズが主導する再建策によっては下請け業者の業績に影響を与えかねない。

【タカタ破綻】 最大の債権者がアメリカ合衆国だった理由

【タカタ破綻】 最大の債権者がアメリカ合衆国だった理由

2017/07/08

エアバッグのリコール問題で破綻の危機のあるタカタ。6月26日には東京地裁に民事再生法の適用を申請した。タカタの債権者のトップにアメリカ合衆国の名前が上がったことが話題になっている。

【タカタ破綻】自動車メーカー各社のリコール引当額、トヨタグループ5,700億円、ホンダ5,560億円に

【タカタ破綻】自動車メーカー各社のリコール引当額、トヨタグループ5,700億円、ホンダ5,560億円に

2017/07/01

タカタが民事再生法の適用を申請した。同社製エアバッグのリコール費用を国内自動車メーカーが負担しているが、その回収が困難になってきた。公表10社の自動車メーカーの引当額は、合計1兆3,309億円にのぼる。

民事再生法申請か。タカタグループの国内仕入先アンケート調査

民事再生法申請か。タカタグループの国内仕入先アンケート調査

2017/06/19

巨額のリコール問題に揺れるタカタ。東京商工リサーチのアンケート調査によると、同社のグループ企業と取引する企業の約9割が、今後も取引の継続を望んでいることがわかった。

2017年3月期決算、上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2017年3月期決算、上場企業「継続企業の前提に関する注記」調査

2017/06/10

2017年3月期決算を発表した上場企業2432社のうち、監査法人から「継続企業の前提に関する注記(ゴーイングコンサーン注記)」を付記された上場企業は22社だった。

M&A速報検索

クリア