menu
Social media

スキー場再生の日本駐車場開発 1円で買った那須ハイランドを早くも収益化へ

Cover 79467413 98b5 470c 9d7e 45cd2d08bcc1
那須ロープウェーからの眺め

スキー場再生の日本駐車場開発 1円で買った那須ハイランドを早くも収益化へ

たった1円で買収したテーマパークが早くも収益に貢献――。

 日本駐車場開発<2353>が2日発表した2016年8―10月期の連結決算は営業利益が7億3400万円と前年同期(1億8100万円)の約4倍に膨み、過去最高となった。収益を押し上げたのは今期から本格的に開始したテーマパーク事業だ。テーマパーク事業の営業利益は5億6000万円と、主力の駐車場事業の営業利益(6億6700万円)に次ぐ水準だ。

 同社は2016年5月、テーマパーク事業に進出するため、日本テーマパーク開発を設立。日本テーマパーク開発を通じて栃木県北部の那須高原において遊園地「那須ハイランドパーク」を運営する藤和那須リゾートの株式を三菱地所レジデンスから1円で取得し、子会社化した。

 那須ハイランドパークでは2015年5月に園内のジェットコースターの部品が落下、近くにいた男性が軽傷を負う事故があった。この影響で客足が低迷、2015年12月期は2000万円の営業赤字に転落していた。破格の値段で買収できたのは、この事故の影響で業績低迷が長引くと予想されたためだろう。

 こうした中でも、日本駐車場開発には十分に勝算があった。活用したのはスキー場の事業で培った再生ノウハウだ。

 ピーク時に2000万人にのぼったスキー人口は700万人まで減り、スキー場の売上は年々減少が続いていた。そこで、日本駐車場開発は2005年に日本スキー場開発を立ち上げ、スキー場の再生に乗り出した。かき入れ時の冬季期間は駐車場予約サービスや電源付きキャンピングカーサイトなどを新設して集客力を強化。スキーができない期間(6~11月)はキャンプや自転車のイベントを開催したり、宿泊施設や飲食店を整備したりして通年で集客できる体制をつくった。

日本スキー場開発が運営する鹿島槍スキー場(長野県)

 現在では長野県を中心に8ヶ所のスキー場を運営。オーストラリアやアジアなどから訪日外国人の観光客も増えており、日本スキー場開発<6040>は2015年9月期には営業利益9億500万円を計上。同年4月、東京証券取引所マザーズ市場に株式上場を果たした。

関連のM&Aニュース

NEXT STORY

矢継ぎ早のM&Aで世界市場を狙うパーク24 海外からの評価は?

矢継ぎ早のM&Aで世界市場を狙うパーク24 海外からの評価は?

パーク24<4666>は日本政策投資銀行と共同で、英駐車場大手のナショナル・カー・パークス(NCP)を買収した。買収金額は総計で約3億1200万ポンド(約460億円)。この買収により、パーク24が展開する駐車場は計8カ国、約120万台に増加した。今回の買収に海外メディアも注目しているようだ。


注目の記事

Thumb 1134c05f 3167 49d0 8054 850e187c25e8

【パナソニック】M&Aなどの戦略投資に1兆円

「2018年度に向けて(M&Aなどで)戦略投資として1兆円を投じる」 パナソニック<6752>の津賀一宏社長は2015年度の事業方針発表会で、こう高らかに宣言した。2011年に陥った業績不振から脱却し、創業100周年となる2018年からは再び成長軌道を描ける企業に変身させるのが狙いだ。これまで戦略投資は着実に実施しており、あとは現在の事業計画の最終となる2018年1年を残すのみとなった。パナソニックの成長力を左右する2018年のM&Aにはどのようなドラマが隠されているのか。投資家のみならず、多くの関係者の視線が自ずと集まる。

Thumb fdb0639d 10bc 4042 ad71 2177901e1c55
Thumb de51ba52 1959 4e55 a041 5403be07ad69
Thumb 3b3eed12 3389 40bd a9f9 fe69accc9586