menu
Social media

コラム 監査報告書がもたらす意味とは?

Cover 6617dadd 755c 4826 811e f920ff09310c

監査報告書がもたらす意味とは?

不適切会計が発覚した東芝<6502>は、2017年8月10日に、2017年3月期の有価証券報告書に限定付適正意見、財務報告に係る内部統制監査報告書に不適正意見がそれぞれ付されることとなりました。監査法人から、有価証券報告書に対して不適正意見または意見不表明の監査報告書が付されなかったことで、東芝は上場廃止を免れました。

上場会社は金融商品取引法の規定、未上場会社であっても会社法や各種法律等に基づく監査が必要とされています。そこで今回は、監査報告書の意見によって会社にどのような影響をもたらすのか、考察していきたいと思います。

監査報告書とは何か?

会社(経営者)は財務諸表を適正に作成する義務を負っており、適正に作成するために会計基準が存在します。あらゆる取引の中で、会計基準に照らして判断が必要になる事項があります。

例えば、引当金や固定資産の減損があります。引当金は、将来において費用又は損失が発生することが見込まれる場合に、当期に帰属する金額を当期の費用又は損失として処理する場合に計上されます。固定資産の減損は、資産の収益性の低下により投資額の回収が見込めなくなった状態であり、減損処理とは、そのような場合に一定の条件の下で回収可能性を反映させるように帳簿価額を減額する会計処理です。

いずれも、将来や見込みといった予測が伴う性質で共通していると言え、予測には経営者の「会社の数字を良く見せよう」という意図が働きやすい状況にあります。このような項目をすべて含んで財務諸表は作成されます。

上場会社であれば、財務諸表を公表することになり、投資家はその財務数値をもとに投資判断をすることとなりますが、判断根拠となる財務数値が経営者の「会社を良く見せよう」という意図で実態とは乖離し場合に、投資家は投資価値が毀損するおそれがあります。

そこで、会社とは独立した第三者が、会社が適正に財務諸表を作成されているか、意見を表明することで、投資家の判断が誤らせないようにできます。その意見を表明する報告書が監査報告書になります。

関連のM&Aニュース

東芝<6502>、WH関連の米子会社を売却

東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

東芝 6000億円の増資によって債務超過が解消されるカラクリ

東芝 6000億円の増資によって債務超過が解消されるカラクリ

東芝は取締役会において第三者割当による6,000億円の新株式発行を決議したと公表しました。これにより、東芝は2018年3月末の決算で債務超過を解消し、上場廃止も回避されることが報じられています。なぜ今回の増資が東芝の債務超過を解消することになるのか? そのカラクリについて説明したいと思います。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333