menu
Social media

法律・マネー

「コーポレートガバナンス・コードを『そもそも』から理解する(その2)」

Cover 5543183f f7c6 4dab a221 97d13e4824e4

今回は、コーポレートガバナンス・コードの「そもそも」の「その2」です。コードの中身について、お話をすることにします。

1. コンプライ・オア・エクスプレイン

 コンプライ(comply)とエクスプレイン(explain)は、どちらも動詞ですので、命令形と考えられます。よって、「遵守せよ、または説明せよ」という意味になります。

 コーポレートガバナンス・コードは、一定のモデルをベースに策定されています。そのモデルに合わないから実効性のあるコーポレートガバナンスができないということではないはずです。

 例えば、従業員50人のベンチャー企業と10万人の大企業のコーポレートガバナンスが同じであるべきだ、と考える人はいないと思います。

 そこで、コードが前提とするモデルと異なるガバナンス体制が自社にとって望ましいと考える場合には、「説明」すればコードを遵守しないでよいということにしました。これがコンプライ・オア・エクスプレインです。

 日本人は、一般にルールがあれば遵守するのが当たり前で、遵守しないことは良くないこと、と考える傾向があると思います。しかし、「当社にはコードに記載されたようなガバナンス体制は向いておらず、返ってマイナスになる」ということがあれば、積極的に「説明」すべきであると思います。

 コードの遵守率を少し見ておきましょう。日本のコーポレートガバナンス・コードのお手本になった英国では、FTSE350社のうち、すべてのコードを遵守した会社は61%でした(2014年)。ロンドン証券取引所の上場会社は2500社以上ありますので、FTSE350社はそのうちの上位の優良会社です。そのような会社でも39%は完全にはコードを遵守していないということになります。

 東証の場合は英国に比べて、コード遵守率がまだまだ低いのが現状です(12月までの集計で、東証一部上場会社の完全遵守は14.2%)が、英国の優良会社でも完全遵守会社は6割であることを念頭に置いておく必要があります。

会計コラム

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

ベンチャーM&A速報(12) コンタクト管理のFullContactがConspireとProfoundis Labsを買収

ベンチャーM&A速報(12) コンタクト管理のFullContactがConspireとProfoundis Labsを買収

米シリコンバレーを中心とする海外のベンチャーおよびテクノロジー関連のM&A情報を、TransCap代表で現地在住のコンサルタント坂崎昌平氏がレポート! 今回のハイライトは、コンタクト管理のFullContactがConspireとProfoundis Labsを買収。詳しく見ていく。2016年8月15日週および8月22日週の動きをまとめました。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344