menu
Social media

ビジネス

新規上場会社数の減少の理由(わけ)

Cover c0a76848 184c 47d1 9239 b58c7d491d45

今回は、2016年の新規上場会社のお話をいたします。

1.新規上場会社数が減少

日本取引所グループは、2016年の新規株式公開(IPO)企業数が前年より約1割少ない84社になると発表しました(12月1日付日経新聞)。2009年の13社を底にして、57社(2013年)、78社(2014年)、95社(2015年)と順調に新規上場会社数が増えてきましたが、ここにきて84社と減少することになってしまいました。減少するのは7年ぶりということになります。自動運転のZMP社が、情報漏洩のため12月での上場を延期したことから、東証が公表した84社からさらに1社減少しするのではないかと思います。(東証のウェブサイトには、執筆日現在12月時点の上場会社数は未だ公表されていません)

今年始め(※編集部注:2016年)には、昨年は95社にまでになったことから、100社超えが期待されていたところですが、このように減少したのは、東証による新規上場の審査強化のためとされています。結果として、最近の上場ブームに水を差した感じになるのは否めません。

2.なぜ東証が審査強化?

2年ほど前から、上場直後に業績の下方修正を発表する会社が相次いでいました。東証では、そのようなことにならないよう、上場後の業績を確かめるような審査をしているものと思われます。これが新規上場会社数減少の大きな理由ではないかと思います。その筋のお話によると、マザーズの上場審査は2ヶ月(東証ウェブサイトより)とされていますが、それが半年以上掛かっている会社もあるとのことです。上場審査が長期間化していることは事実のようです。

ビズサプリ通信

NEXT STORY

司法書士が伝授する起業の法律知識(1)機関設計と資本金 

司法書士が伝授する起業の法律知識(1)機関設計と資本金 

起業や会社経営をする人に欠かせないのが会社法などの法律知識だ。ただ法学部出身者でもない限り、何から学べばと途方に暮れる人も多いだろう。そこで、ベンチャー企業の創業支援を手がける司法書士の田中あゆ美氏が起業に必要な法律知識を解説する。


注目の記事

Thumb 6e2b0894 dddf 48d6 9c6c 95c785840927

東芝劇場~衝撃の結末は?

過年度決算訂正が終わったかと思ったら、減損問題で揺れる東芝ですが、現在進行形の劇場型で事件が進展しています。会計の専門家でも難しい内容をできる限り平易に解説したいと思います。少し長いですがお付き合いください。

Thumb 57a93bea e21c 4c0f a662 2157dcad9265
Thumb ffcb40ef b290 43bc b082 0eaad1cc55bf
Thumb a089c712 ccf0 47a5 aae6 fa3d5cfe198d