menu
Social media

法律・マネー

「親子上場の問題(その2)」

Cover 87874f21 8db3 4ddb a523 2293e88b2fd0

  今回は、前回に引き続き、親子上場がテーマです。

1. 親子上場だけじゃない

 前回は親子上場の問題点を書いてきましたが、ややこしい話があるのは親子上場に限りません。

 東燃ゼネラル石油という会社があります。この会社は世界的な石油メジャーであるエクソンモービルと提携関係にあり、かつてはエクソンモービルの子会社として親子上場をしていました。現在は持株比率が下がり親子上場ではなくなっています。

 実は2012年まで、東燃ゼネラル石油のガソリンはエクソンモービルの子会社が運営するガソリンスタンドで販売されていました。大株主であり、提携先であり、名だたる石油メジャーであるエクソンモービルに流通網を押さえられていて、東燃ゼネラル石油はきちんとした販売価格を確保できるのか。疑心暗鬼になっていた投資家もいたようです。その辺の事情もあったのか、現在ではガソリンスタンドの運営は東燃ゼネラル石油に移管されています。

 親会社でなくとも特定の株主に事業を大きく依存する場合、その大株主による利益相反を抑止しにくいのは確かでしょう。そこには親子上場と同じ問題があります。

 この点、移転価格税制や独占禁止法は抑止力になり得ます。利益が偏っていれば追徴や課徴金を受けるため、ある程度までは独立第三者価格での取引が期待できます。とはいうものの、そもそも狙いとしているところが違うため、根本的な解決策とまでは言えません。

会計コラム

関連のM&Aニュース

日産自動車<7201>、GSRキャピタルグループへバッテリー事業を譲渡

シャープ<6753>、Fritz Schumacher AGを子会社化

シャープ<6753>、子会社の堺ディスプレイプロダクトを譲渡

日産自動車<7201>、カルソニックカンセイ<7248>を売却

シャープ<6753>、ソフトウェア開発・人材派遣業子会社を売却

シャープ<6753>中国物流ソリューション会社と業務提携し、新会社設立へ

シャープ<6753>欧州市場シャープ液晶テレビ事業運営会社との業務提携強化へ

シャープ<6753>、鴻海グループの知的財産関連業務を担う企業と業務提携し、同事業子会社設立へ

シャープ<6753>、香港のRoxy社と業務提携解消、合弁会社株式50%を取得し子会社化

日産自動車<7201>、三菱自動車工業<7211>の第三者割当増資引受けにより筆頭株主へ

シャープ<6753>、第三者割当による新株式発行により経営権を鴻海グループに譲渡

JXホールディングス<5020>と東燃ゼネラル石油<5012>、経営統合へ

シャープ<6753>、孫会社の太陽光発電開発事業社及びその持株会社を売却

シャープ<6753>、凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業を統合。

凸版印刷<7911>及び大日本印刷<7912>、液晶カラーフィルター事業をシャープ<6753>の子会社に統合。

シャープ<6753>、鴻海精密工業と業務資本提携。

日産自動車<7201>、株式交換により愛知機械工業<7263>を完全子会社化。

日産自動車<7201>と三菱自動車<7211>が軽自動車事業で合弁会社設立

シャープ<6753>、米国の発電開発事業者リカレント社を完全子会社化

NEXT STORY

【質問】M&Aで会社を譲渡した後も、社長が会社に残ることはできる?

【質問】M&Aで会社を譲渡した後も、社長が会社に残ることはできる?

大会社の資本傘下で事業を展開、成長させていきたいと考える48 歳の経営者からの相談事例、「M&A=引退」なのか?譲渡した後も会社に残り貢献できないのだろうか、実例を交え譲渡後のオーナー経営者の処遇を考える。


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344