menu
Social media

法律・マネー

「業績プレッシャーについて」

Cover 29334a9b 8f1e 4db0 96d7 5c283c5e3d3c

 こんにちは。ビズサプリの辻です。

 東芝の過去の決算の利益の減額は総額2248億円にのぼるそうです。不適切会計の発覚後、金額の大きさに加えて、いわゆるガバナンス優良会社と言われてきた会社の不祥事ということで非常に大きな注目を集めました。

 その東芝の不適切会計の要因の一つに、「チャレンジ」と称する業績プレッシャーがあったということが第三社委員会報告書でも指摘されています。不正の要因の1つに「プレッシャー」があるとされています。今回はこのプレッシャーについて少し考えてみたいと思います。
なお、文中の意見は筆者個人の私見であることを予めご了承ください。

1.プレッシャーは悪か

 業績プレッシャーは悪なのでしょうか。
 多くの方が感じているように、企業が一定の利益目標を掲げ、それを達成するために一丸になって取り組むこと自体、珍しい話ではないでしょう。
 クライアントの方からも、「いやぁ、あれぐらいのプレッシャーはかけるよね。」とか「うちも業績が悪くなったら、これぐらいはあるんじゃないかな。」という声をお聞きしました。
 また、利益目標を一見達成不可能な目標とすることで、画期的なイノベーションが生まれる原動力となっていくこともよくある話です。

 稲盛和夫氏は、著書「生き方」の中で、「いっけん無理だと思える高い目標にひるまず情熱を傾け、ひたむきな努力研鑽を惜しまない。そのことが私たちの能力を、自分自身でもびっくりするほど伸長させる。あるいは眠っていた大きな潜在能力を開花させる。」といっています。いわゆる「一皮むけたな。」ということです。

 そして、経営者にとって業績プレッシャーは重いものです。「なんだかんだいっても、会社とその最高経営責任者は、”業績”というただ一つの基準によって評価されてしまう」(プロフェッショナルマネージャー ハロルドジェーン著)ものです。業績プレッシャー自体は悪ではないでしょう。

会計コラム・ビズサプリ通信

関連のM&Aニュース

東芝<6502>、WH関連の米子会社を売却

東芝<6502>第三者割当による新株式の発行を決議

東芝<6502>、映像事業子会社株式を譲渡

東芝<6502>の連結子会社、ビジネストラベルジャパン株式を譲渡

東芝<6502>、社内カンパニーの会社分割による分社化の方針を決定

東芝<6502>、英原発会社の全株式を買い取り

東芝<6502>、IHI<7013>よりウェスチングハウス社出資持分取得

東芝<6502>、メモリ事業を会社分割により分社化

東芝<6502>、子会社の家庭用電気機械メーカーを約537億円で譲渡

東芝<6502>、中国の家電メーカーに家庭電器事業を譲渡する基本合意書を締結

東芝<6502>、東芝メディカルシステムズをキヤノン<7751>へ約6655億円で譲渡

東芝<6502>、東芝医用ファイナンスを子会社化

東芝<6502>、パソコン事業を子会社と統合

東芝<6502>、インドネシアのテレビ・二層式洗濯機工場を売却

東芝<6502>、NREG東芝不動産の保有株式を野村不動産HD<3231>に売却

東芝<6502>、精密光学機器・製造販売会社の保有株式を売却

東芝<6502>、ウェスチングハウスへの出資比率引き上げ。

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージへの公開買付を完了

東芝<6502>、ランディス・ギアの全株式を取得

東芝メディカルシステムズ、バイタル・イメージを買収

東芝<6502>、米国ウラン濃縮会社・ユーゼック社への第一回出資を完了

IHI<7013>と東芝<6502>、原子力発電所向けタービン用機器の製造を目的とする合弁会社を設立

東芝<6502>、東光電気<6921>と計器事業を経営統合

NEXT STORY

【今週のピックアップ】広告大手電通による不適切業務発覚! 世間を騒がす不正記事をまとめた

【今週のピックアップ】広告大手電通による不適切業務発覚! 世間を騒がす不正記事をまとめた

大手企業の不正が発覚し、世間を騒がしている。9月下旬、広告会社大手の電通がグループ内の運用型をはじめとする広告主向けのデジタル広告サービスにおいて故意または人為的なミスに基づく不適切業務があり、約2億3000万円相当に及ぶとのこと。ここでは、電通の発表した 情報を振り返るとともに、不正とM&Aに関連した記事や最新のニュースをまとめた。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333