menu
Social media

法律・マネー

「不正の概念とリスクへの対応」

Cover fc826d0b 7df6 48ed 8c45 823f86927850

 おはようございます。ビズサプリの後藤です。

「不正」と聞いて皆様どういったイメージを持つでしょうか。「よく新聞とかにでるけど、うちの会社は関係ないかな」という方が以外と多いのではないでしょうか。

 よく、日系の企業ですと、「うちにはそんなことする人いないから!」という話がでますが、現実としては、不正事例は後を絶ちません。

 こうした状況の中、不正の発生はレアなケースではなく、むしろ発生して当たり前なんだという意識が必要な時代になってきたのかなと思います(寂しい限りですが)。

 今回は「不正」の基本的な考え方をご紹介していきたいと思います。

1.不正の分類と具体例

 不正の分類の方法は一通りではありません。ここでは、公認不正検査士協会による分類をご紹介します。
 1.報告書不正:財務諸表数値の過大・過少計上。内部管理資料の改竄など。
 2.資産不正(流用):手元現金の横領。顧客からの預かり資産の流用。手形の持ち出しなど。
 3.汚職:取引先との競合によるキックバック。利益相反取引など。

 ではこれらの不正がどうしては発生してしまうのかについて、見ていきたいと思います。

2.不正の発生メカニズム「なぜ不正は起こるのか」

 そんなの分かってるよ!という声も聞こえてきそうですが、せっかく不正について取り上げているので、今一度発生のメカニズムについて整理していきたいと思います。

 不正発生を促進する条件として、よく以下の3つの事項が挙げられます。
 1.動機
 2.機会
 3.正当化

 動機をもう少し具体的に言えば、例えばギャンブルや投資で失敗して借金があるといったことになるかと思います。
 機会とは実際に不正を実施できる状態にあり、それが発見されにくい状態と考えるとわかりやすいかと思います。

 正当化とは、例えば自分はがんばっているのに正当に評価されていない、自分がやらなくても誰かがやるはず、不正を行わなければもっと悪い状況になる(ので不正を実施してもいいんだ)などとイメージするとわかりやすいかと思います。

 通常の流れで行けば、不正を行う動機があり、チャンス(機会)があり、かつ、自らの不正を正当化できる理由が見つかれば不正が発生するということになる(リスクが高い)かと思います。

 動機もないのにチャンスがあるからって不正を実施する人はよほどのリスクテーカーかなと思いますので(が、世の中色々な人がいるので一概には言えないですが)。

会計コラム

NEXT STORY

「業績プレッシャーについて」

「業績プレッシャーについて」

東芝の過去の決算の利益の減額は総額2248億円にのぼるそうだ。不適切会計の発覚後、金額の大きさに加えて、いわゆるガバナンス優良会社と言われてきた会社の不祥事ということで非常に大きな注目を集めた。その東芝の不適切会計の要因の一つに、「チャレンジ」と称する業績プレッシャーがあったということが第三社委員会報告書でも指摘されている。不正の要因の1つに「プレッシャー」があるとされていることから今回は、...


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344