鉄鋳物事業を主力としている日立金属(東京都)は、グローバル市場において圧倒的競争力のある事業基盤を構築するため、買収目的子会社(SPC)を通じ、世界最大の鉄鋳物サプライヤーであるWaupaca Foundry Holdings, Inc. (米国デラウェア州、売上約1780億円)の全株式を、KPS Capital Partners, LP(米国ニューヨーク州)の運営しているファンドから取得する株式譲渡契約を締結した。

株式取得価格は約1348億円。

株式取得予定日は10月。