日立金属(株)(以下「日立金属」)は、レア・アースの原材料から高純度化合物、各種合金までを取り扱うレア・アース総合メーカーの(株)三徳(以下「三徳」)と子会社化に向けた基本契約を締結した。なお、三徳の子会社化については、公正取引委員会による承認を前提としている。

日立金属は、xEV(※)などグローバル市場の大きな成長が期待される中で、高性能磁石の競争力強化のために、グローバルでの生産体制強化と原材料から製品に至るマテリアルフローの最適化に取り組んできた。その一環としてネオジム磁石合金製造や新たなリサイクル技術の開発に積極的な投資を行ってきたが、取り組みをさらに加速させるために三徳を子会社化することとした。

※xEV:電気自動車(EV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、プラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)の総称

株式譲渡価格は未確定。

株式取得予定日は2018年4月2日(公正取引委員会による承認を前提した予定日)。