日産、EV用充電池の「コストカット」に本気出す

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

日産自動車<7201>が電気自動車(EV)用電池の「コストカット」に乗り出した。高騰しているレアメタル、コバルトの使用量を削減し、車載電池のコストを現在の1kwh当たり約150ドル(約1万6500円)から30年前後には3分の2の100ドル(約1万1000円)以下に引き下げる方針という。

「脱コバルト」でEVのコストダウンを目指す日産

コバルトは電池の正極材の一部として使われており、現行EVの「リーフ」では正極材の約2割を占めている。21年中に発売するSUV(スポーツ多目的車)タイプのEV「アリア」では、これを1割に半減。20年代半ばにはコバルトを一切使わない電池の実用化を目指す。

コバルトを使わない電池は、すでに中国製EVなどで利用されている。コバルトの代替材料として正極にリン酸鉄リチウムを使うLFP(リン酸鉄リチウム)電池だ。最低価格45万円の低価格EVで、米テスラの「モデル3」を追い抜いて2020年のベストセラーEVとなった上汽通用五菱汽車の「宏光MINI EV」に採用され、注目されている。

ただ、LFP電池は電池容量が従来のリチウムイオン電池と比べて小さく、航続距離が短い。日産はマンガンなど比較的低価格の素材を正極に利用するなど、低コストと性能を両立する電池開発を進めるという。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

トヨタがいすゞと再び手を組む本当の理由は燃料電池「生き残り」

トヨタがいすゞと再び手を組む本当の理由は燃料電池「生き残り」

2021-04-01

「3年目の復縁」を果たしたトヨタ自動車と、いすゞ自動車。両社は2006年11月に資本提携したが、2018年8月に解消している。なぜここに来て一度は破綻した資本提携を再び結ぶのか?そこにはEVに押されるトヨタの燃料電池車(FCV)戦略がある。

関連のM&A速報