「コロナ禍で大赤字」の銚子電鉄、どうやって生き延びさせる?

alt

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う観光客の激減で、銚子電気鉄道(千葉県銚子市)が、またも存亡の危機を迎えている。すでに鉄道事業の収支は赤字が定着しており、鉄道マニア向けの通信販売で経営を支えている銚子電鉄だが、このままでは遠からず行き詰まる。

同社の見通しでは2021年3月期の最終損益が3965万円の赤字。赤字は5期連続と常態化している上に、赤字幅は前期の1979万円から2倍に膨らんだ。コロナ感染拡大に伴う自粛ムードや外出控えで観光客や地元客による鉄道利用が減少した。

「ぬれ煎餅」などの商品数を100品目以上と約5倍に増やしたのが奏功してインターネット通販は前年比7.5倍の8030万円に急増したが、鉄道事業が同29%減の5252万円と不振で、売上高は同11%減の4億4330万円に落ち込んだ。

主力事業のネット通販は大幅に伸びたが、鉄道事業の不振が深刻(同社ホームページより)

日本政策金融公庫と銚子信用金庫による総額9000万円の緊急融資を受けて急場をしのいだが、物販頼みの経営では不安定極まりない。銚子電鉄が長期的に持続可能となる三つの方法を検証しよう。

実現可能性の高い順に三つ星(★★★)、二つ星(★★☆)、一つ星(★☆☆)で評価した。

NEXT STORY

旅行大手の「HIS」が苦境に 迫られる戦略の見直し

旅行大手の「HIS」が苦境に 迫られる戦略の見直し

2020/06/23

旅行会社大手のエイチ・アイ・エ スが苦境に陥っている。2020年6月19日に、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を理由に、2020年10月期第2四半期の業績予想を下方修正し、赤字に転落する見通しを明らかにした。M&A戦略に変更はあるのか。