三井不動産のTOBが成立した東京ドーム、通期は160億円の最終赤字

alt

三井不動産のTOBが成立した東京ドーム、通期は160億円の最終赤字=10期ぶり

公開日付:2021.03.11 

 TOBが成立し4月に上場廃止を予定している(株)東京ドーム(TSR企業コード:290054869)の2021年1月期の連結純利益が、スポーツやイベントの中止・延期が相次いだ影響で159億6300万円の赤字(前年80億200万円の黒字)に転落した。最終利益の赤字は11年1月期以来、10期ぶり。

 東京ドームは、三井不動産(株)(TSR企業コード:291023142)がTOBを実施。今年1月に成立し、三井不動産の連結子会社になった。三井不動産は、連携する(株)読売新聞グループ本社(TSR企業コード:291006256)とともにスタジアムの収益強化や東京ドームシティの再開発などを進める意向だ。

 2021年1月期(連結)の売上高は397億5600万円(前年比56.6%減)、営業利益108億8400万円の赤字(前年117億2800万円の黒字)、最終利益159億6300万円の赤字(同80億200万円の黒字)だった。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【11月M&Aサマリー】3月以来の月間80件台、金額も復調傾向

【11月M&Aサマリー】3月以来の月間80件台、金額も復調傾向

2020/12/04

2020年11月のM&A件数は前年同月比5件減の81件となり、4カ月連続で前年を下回った。ただ、11月として過去10年で最多だった前年に次ぐ高水準。月間80件を超えるのは「コロナ禍」初期の3月以来で、件数面での腰折れ懸念はひとまず払拭した。