【5月M&Aサマリー】コロナの逆風下で69件、過去10年で2番目の高水準

alt
MBOで非公開化するニチイ学館(東京・水道橋の本社)

サマンサタバサ、コナカの子会社に

サマンサタバサジャパンリミテッドは紳士服大手、コナカの傘下で経営立て直しを目指すことになった。コナカ子会社のフィットハウス(岐阜県可児市)を7月1日付で吸収合併する。これに伴い、サマンサタバサに対するコナカの持ち株比率は約59%となり、サマンサタバサが子会社となる。

バッグなどの有力ブランドとして知られるサマンサタバサだが、業績不振が続き、コナカが昨年9月に同社に約31%出資し、筆頭株主となっていた。

LIXILグループはイタリア建材子会社ペルマスティリーザを米投資会社Atlas Holdingsに譲渡すると発表した。譲渡価額は非公表。LIXILは2018年秋に中国企業に譲渡を決定。ところが、米当局の承認を得られず、頓挫した経緯がある。LIXILは2011年、ペルマスティリーザを約600億円で買収したが、業績低迷から脱せず、昨年勃発したトップ人事を巡る経営対立の火種となった。

第一商品、先物事業の一部を日産証券に譲渡

オウケイウェイヴ傘下のOKプレミア証券の子会社化(5月25日付)と、日産証券への商品先物事業の一部譲渡(7月20日付)を発表したのは第一商品だ。

7月に貴金属や農産物などの取引が東京商品取引所から大阪取引所に移管されるが、不適切会計問題を抱える第一商品は参加資格を得られていない。こうした状況を踏まえ、市場移管後も既存顧客の売買が継続できるよう対象事業を譲渡する一方、参加資格を持つOKプレミア証券(東京都港区)を子会社化し、今後の展開に備える。

商品先物事業の一部を日産証券に譲渡する第一商品(東京・神泉)

物流、リユース、人材サービスで活発な動き

業種別で動きが目立ったのは物流、リユース(中古品の買取・販売)、人材サービスだ。

物流では東芝ロジスティクスを取り込むSBSホールディングスのほか、日本通運は医薬品物流の米MD Logistics(インディアナ州)、大王製紙は鬼怒川ゴム工業傘下のケイジー物流(千葉市)を子会社化する。

リユースも3件と4月(4件)に続いて活発だ。テイツーはゲームやアイドルグッズのリユース品を手がける山徳(金沢市)、マーケットエンタープライズはアグリステージ(三重県明和町)が運営する中古農機のネット売買事業、ハードオフコーポレーションはフランチャイズ加盟で「ハードオフ」など60店舗展開のエコプラス(宮城県名取市)を傘下に収める。

人材関連は4件。チャーム・ケア・コーポレーションは介護人材派遣のグッドパートナーズ(東京都世田谷区)、デザインワン・ジャパンは職業紹介の昼job(東京都新宿区)、スポーツフィールドはスポーツマリオ(東京都渋谷区)から求人メディアサイト「スポジョバ」を取り込むことを決めた。ITbookホールディングスは人材派遣子会社をワタミに譲渡した。

なかでもユニークなのはキャバクラ、クラブ、パブなどナイトワーク系出身の求職者に特化した昼job。具体的には基礎的な社会人研修などを行い、ナイトワーク出身者のキャリアシフトを後押している。

デザインワンは店舗情報サイト「エキテン」を軸に集客支援サービスを展開する。人材供給ニーズにもこたえ、「エキテン」のメーンジャンルであるリラクゼーション分野などの事業拡大につなげる構えだ。

◎5月M&A:金額上位案件(HDはホールディングス)

1 ニチイ学館、米投資ファンドのベインキャピタルと組んでMBOを実施し非公開化(約990億円)
2 SBS HD、東芝傘下の東芝ロジスティクス(川崎市)を子会社化(199億円)
3 西本Wismettac HD、マグロ・サーモン輸入加工のフランスCOMPTOIRS DES 3CAPSを子会社化(42.6億円)
4 No.1、エフティグループ傘下で情報機器開発のアレクソン(大阪市)を子会社化(22.5億円)
5 昭和産業、米油大手のボーソー油脂(東証2部)をTOBで子会社化(15.9億円)
6 日本アンテナ、台湾系中国企業でアンテナ製造の蘇州華広電通(蘇州市)を子会社化(14.1億円)
7 丸大食品、「神戸プリン」「らくらくホイップ」製造のトーラク(神戸市)を子会社化(12億円)
8 投資ファンドEVO FUND、米楽器大手ギブソンブランズ傘下のティアックをTOBで子会社化(9.4億円)
9 第一商品、商品先物事業の一部を日産証券(東京都中央区)に譲渡(9億円)
10 チャーム・ケア・コーポレーション、介護人材派遣のグッドパートナーズ(東京都世田谷区)を子会社化(7.1億円)
11 イワキ、ケミカルポンプ販売会社のデンマークIwaki Nordicを子会社化(6.7億円)
12 Lib Work、関東進出へ分譲住宅販売のタクエーホーム(横浜市)を子会社化(4億円)
13 第一商品、オウケイウェイヴ傘下のOKプレミア証券(東京都港区)を子会社化(3.7億円)
14 CRI・ミドルウェア、ゲーム用ソフト開発のアールフォース・エンターテインメント(東京都渋谷区)を子会社化(2.5億円)
15 大日光・エンジニアリング、NCネットワークファクトリー(東京都台東区)を子会社化(1.8億円)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

預貯金よりも圧倒的に有利|生命保険を活用したM&A出口戦略(6)

預貯金よりも圧倒的に有利|生命保険を活用したM&A出口戦略(6)

2020/05/27

相続税対策に生命保険を活用するメリットは主に3つある。保険金が下りるスピードが速い、死亡保険金の非課税枠、遺言の対象外という点に着目したい。生命保険には預貯金にない様々なメリットがあるのだ。

関連のM&Aニュース