即出動の「生活救急車」で定評のジャパンベストレスキューシステムは、水の救急車の発行済株式の40.1%を追加取得し、子会社化する。取得後の所有割合は、80.1%となる。

水の救急車は、平成16年6月にLIXIL(出資割合60.0%)と共同出資して設立した会社。

取得する株式数は、802株。

取得価額は、56百万円。

水の救急車の平成24年3月期の経営成績等は以下のとおり。

純資産 141百万円

総資産 239百万円

売上高 439百万円

営業利益 710千円

経常利益 934千円