M&A速報

ティーガイア<3738>、SCSK<9719>傘下のクオカードを完全子会社化

2017/10/30

ティーガイアは、プリペイドカード「QUOカード」を発行するクオカード(東京都中央区。売上高33億円、営業利益2億8000万円、純資産110億円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。アドバイザリー費用などを含む取得価額は225億円。

ティーガイアは決済サービス事業を携帯電話販売事業に次ぐ中核事業と位置付けており、クオカードの取得により決済事業の拡大を図る。多様化するデジタル決済に対応するため、スマートフォンでも利用可能な「デジタル版QUOカード」の開発などを進める。

取得予定日は12月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

2020年1~9月のM&A金額、前年比倍増の9.6兆円|「上位30」一覧

2020年1~9月のM&A金額、前年比倍増の9.6兆円|「上位30」一覧

2020/10/07

2020年1~9月のM&A金額(適時開示ベース)は前年同期比倍増の9兆6860億円となり、2018年(11兆3255億円)に次ぐ過去2番目の高水準を記録した。1~9月の取引金額ランキングの上位30は次の通り。

【ティーガイア】携帯ショップ最大手が「規模拡大」に走った成算

【ティーガイア】携帯ショップ最大手が「規模拡大」に走った成算

2020/09/10

国内最大手の携帯電話販売代理店網を持つティーガイアが、富士通系の富士通パーソナルズから携帯電話販売事業を買収する。シェアトップを維持するためのM&Aだが、成長が望めない業種だけにリスクは高い。なぜ同社はそんな決断をしたのか。M&A史を追う。

【まとめ】2017年10月-12月に発表された 主要なM&A案件

【まとめ】2017年10月-12月に発表された 主要なM&A案件

2018/02/14

2017年10月-12月に発表された 国内企業のM&A案件より抜粋してご紹介します。

M&A速報検索

クリア