住友ベークライトは、米国で航空機部品・医療機器などの製造・販売を手がけるVaupell Holdings,Inc.(ワシントン州シアトル。売上高約126億円)の全株式を取得し子会社化すると発表した。新規事業として航空機内装部品事業への本格進出を果たすとともに、医療機器事業の本格的な国際展開を図る。取得価額は約271億円。2014年度第1四半期までに取得予定。

Vaupell Holdingsは1947年設立で、世界で初めてプラスチック部品をボーイング社に納入した航空機内装樹脂備品のパイオニア。また医療機器製品の分野でも世界の主要な医療機器メーカーにプラスチック部品を供給している。