【クスリのアオキHD】食品スーパーの買収が止まらず、「フード&ドラッグ」の深化へ

alt
埼玉県内の店舗

北陸最大手のドラッグストアチェーン、クスリのアオキホールディングス(HD)がM&Aにアクセルを踏み込んでいる。買収ターゲットに定めるのは地場の食品スーパー。その数は最近2年間で6件に上る。クスリのアオキは元々、食品の取り扱いを成長の原動力としてきたが、ここへきて攻勢が際立つ。

上場企業のトップを切ってM&A

仕事始めの1月4日、クスリのアオキは食料品や衣料のスーパーを展開するホーマス・キリンヤ(岩手県一関市。売上高35億8000万円)、仕入れ業務を手がける関連会社のフードパワーセンター・バリュー(同。売上高12億円)を3月1日付で吸収合併すると発表した。実は、この案件は2022年の上場企業によるM&Aの第1号(適時開示ベース)。図らずも、M&Aへの積極姿勢を社内外に示す格好となった。

目的はドラッグストアにおける食品販売の強化。吸収合併するホーマス・キリンヤは1962年に設立し、岩手・宮城県で食品スーパーを6店舗、衣料品店を2店舗運営する。

クスリのアオキは2020年4月に岩手県に進出した。まだ2年足らずだが、盛岡市、一関市、水沢市、奥州市など県内に14店舗を展開し、店舗数は東北地区で最も多い。地場の有力スーパーを取り込み、大型店では今後、生鮮3品(精肉、鮮魚、青果)の取り扱いを本格化する見込みだ。

クスリのアオキは石川県と本拠地とし、北信越、東北、関東、東海、関西の23府県にドラッグストア789、(うち調剤薬局併設454)、専門調剤薬局6の合計795店舗(1月25日時点)を展開する。立地にあたっては駐車場を備えた郊外型店舗を特徴とする。都市型ドラッグストアの代表格であるマツキヨココカラ&カンパニーとは好対照をなす。

埼玉県で

2020年に食品スーパー買収に着手

「フード&ドラッグ」を旗印に、集客の手立てとしたのが食品の販売だ。近隣スーパーに負けない食品の品ぞろえと低価格を売り物に顧客を呼び込み、医薬品や化粧品、日用雑貨、衣料小物などの販売につなげている。

売上構成をみると、食品主導の構図が明らかだ。フード部門(食品、飲料など)は全体の42%を占め、ヘルス部門(医薬品、健康食品など)12%、ビューティー部門(化粧品、フェイスケア商品など)15%、ライフ部門(家庭用品など)21%、調剤薬局部門10%が続く(2021年5月期実績)。

その同社が食品スーパーの買収に乗り出したのは2020年のこと。金沢市内で5店舗を運営するナルックス(金沢市)、京都府北部で8店舗を持つフクヤ(京都府宮津市)を相次いで子会社化した。設立はナルックスが1964年、フクヤが1953年で、それぞれ半世紀を優に超える業歴を持つ。

いよいよM&Aへの号砲が鳴ったのだ。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「クスリのアオキ」は、なぜ食品スーパーの買収に動くのか

「クスリのアオキ」は、なぜ食品スーパーの買収に動くのか

2020-10-23

クスリのアオキホールディングスがコロナ禍の中、食品スーパーの買収を活発化させている。同社は2006年に東京証券取引所に上場して以来、適時開示したM&Aは1件もなかっただけに、大きな方向転換となる。

関連のM&A速報