【オーケー】関東ローカルスーパーが関西連合に「待った」をかけた切実な理由

alt

またも「ふりだし」に戻った。共に関西を地盤とする食品スーパーの関西スーパーマーケット<9919>と大手百貨店エイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)<8242>の経営統合に、関東でディスカウントスーパーを展開するオーケー(横浜市)が再度「待った」をかけたのだ。それにしてもオーケーは、なぜ強引に割って入ってまで関西進出を目指すのか?

関西スーパーとH2Oの経営統合「差し止め」の仮処分

2021年11月22日、神戸地裁はオーケーが申し立てていた関西スーパーマーケットの臨時株主総会での同社とH2Oとの経営統合案の承認を差し止める仮処分を認めた。これによりオーケーが、再び関西スーパーに対して1株あたり2250円でTOB(株式公開買い付け)による買収を再提案する見通しだ。

一時は絶望的だったオーケーによる関西スーパーへのTOBに実現の可能性が(Photo By Reuters)

そもそもの始まりは関西スーパーが8月31日に、H2O子会社のイズミヤなどと株式交換で統合した上で、H2Oの子会社になると発表したこと。その3日後に関西スーパー株の7.69%を持つオーケーが、「当社も6月に上場来最高値と同じ1株2250円でのTOBを提案していた」と「待った」をかけた。

これに対して関西スーパーは「企業文化も相容れず、食品スーパーとディスカウントスーパーとでは品揃えも違う。物流や仕入れなどでのシナジー(相乗)効果が見込めない」と、オーケーの提案を拒否。関西スーパーは9月24日に「H2Oグループとの経営統合で、最高3128円の株価が予想される」との文書を公表するなど、オーケーのTOBに揺さぶりをかけた。

NEXT STORY

オーケーが関西スーパーを買収の意向、H2Oとの統合撤回なら

オーケーが関西スーパーを買収の意向、H2Oとの統合撤回なら

2021/09/03

首都圏を地盤とするディスカウントスーパーのオーケー(神奈川県横浜市)は3日、関西スーパーマーケットが決めたエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O)傘下企業との経営統合について、同案を諮る臨時株主総会で反対票を投じると表明した。