M&A速報

マツモトキヨシホールディングス<3088>、ミドリ薬品<2718>を完全子会社化

2009/11/13

マツモトキヨシホールディングスは、ミドリ薬品をTOB(株式公開買い付け)により完全子会社化することを決議した。TOBにより全株式を取得できなかった場合には、TOB後に株式交換を行う。ミドリ薬品はTOBに賛同を表明している。

ミドリ薬品は鹿児島県を中心に九州地域で152店舗のドラッグストアを運営。マツモトキヨシHDとは2006年に配送センターの共有化を目的に資本・業務提携し、2009年にはマツモトキヨシ(千葉県松戸市)のフランチャイズ店を3店舗運営するなど協業してきた。

マツモトキヨシHDは関東地域を中心に全国で1064店舗を展開する。ミドリ薬品を傘下に取り込むことで、競争が激化している九州地域の営業基盤を強化する。また、販売ノウハウや人材育成システムの共有化などを進めて収益性の改善を図る。ミドリ薬品は上場廃止となる。

TOBの買付価格は1株当たり8万円。公表前営業日の対象株式の終値10万9500円を26.94%下回る水準。買付予定数は1万9458株で、買付予定額は15億5600万円。

公開買付期間は2009年11月16日から12月14日までを予定している。決済の開始日は12月21日。

TOBにより全株式を取得できなかった場合には株式交換を実施する。株式交換比率はマツモトキヨシHD1:ミドリ薬品50で、ミドリ薬品の1株に対してマツモトキヨシHDの50株を割当てる。株式交換予定日は2010年4月1日。

関連の記事

【2019年M&A=調剤薬局・ドラッグストア】「破談目立つ」も件数は過去最高

【2019年M&A=調剤薬局・ドラッグストア】「破談目立つ」も件数は過去最高

2019/12/23

2019年の調剤薬局・ドラッグストア業界のM&Aは22件となり、2009年の21件を上回り2008年以降の12年間で最多となった。ただ中止が3件と破談も目立った。

【小売業界】スーパー・家電量販店・ホームセンター…今年の主なM&Aは

【小売業界】スーパー・家電量販店・ホームセンター…今年の主なM&Aは

2019/12/21

小売業界は百貨店・スーパー、コンビニ、専門量販店(家電、ホームセンター、ドラッグストアなど)をはじめ、業態が多岐にわたる。2019年のM&Aを業態別に振り返る。

マツキヨHD・ココカラ統合、ドラッグストア「アジアで一番」を目指す

マツキヨHD・ココカラ統合、ドラッグストア「アジアで一番」を目指す

2019/08/23

経営統合に向けて協議を開始したドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングスとココカラファインの両社社長が22日で記者会見。統合新会社は売上高1兆円、3000店舗規模。マツキヨは業界トップに返り咲く。ココカラは勝ち残りを目指す。

ココカラファイン、マツキヨHDと統合協議「1兆円企業」へ

ココカラファイン、マツキヨHDと統合協議「1兆円企業」へ

2019/08/15

ドラッグストア業界7位のココカラファインは14日、同5位のマツモトキヨシホールディングス(HD)との経営統合に向けた協議を始めると発表した。ココカラは同6位のスギホールディングスとも統合を検討していたが、マツキヨHDとの統合に傾いた。

「マツモトキヨシ」と「ココカラファイン」が資本業務提携へ

「マツモトキヨシ」と「ココカラファイン」が資本業務提携へ

2019/04/29

国内ドラッグストア大手2社ー「マツモトキヨシ」と「ココカラファイン」が4月26日、資本業務提携に関する協議を開始すると発表した。

【ウエルシアHD】ドラッグストア戦争で「空白地」をどう攻める

【ウエルシアHD】ドラッグストア戦争で「空白地」をどう攻める

2019/04/18

ウエルシアホールディングス(HD)は、ドラッグストアチェーンを運営する持株会社である。ウエルシア薬局を1723店舗展開するほか、京都で58店舗を出店する「ダックス」や、北東北で93店舗を展開する「ハッピー・ドラッグ」などを傘下に抱える。

ドラッグストア業界で1位に躍り出る北海道地盤のツルハ

ドラッグストア業界で1位に躍り出る北海道地盤のツルハ

2017/09/17

再編の流れが続くドラッグストア業界では医薬品や化粧品だけではなく、食料品などにも力を入れ始めています。その一つであるドラッグストア大手のツルハホールディングス<3391>は、積極的なM&Aで業界首位に躍り出ます。

【マツモトキヨシ】友好的な業務提携から全株式取得の子会社化へ。戦略の変化に迫る

【マツモトキヨシ】友好的な業務提携から全株式取得の子会社化へ。戦略の変化に迫る

2016/09/03

マツモトキヨシのM&Aは、出店競争・価額競争・異業種からの参入と、激化する業界の鎮静化・課題解決を図るため、地場の大手企業と手を組むことからはじまった。ドラッグストア業界でM&Aが加速する流れの中、業界のトップを走り続ける原動力となっている、M&A戦略の変化を見てみる。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア