ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

新型コロナの夏、セブン・日本ペイント・武田…なぜか大型M&Aが集中

alt
セブン&アイ・ホールディングスは米コンビニを2.2兆円で買収へ

新型コロナの夏、日本企業が絡む大型M&Aが相次いでいる。その顔ぶれはセブン&アイ・ホールディングス、日本ペイントホールディングス、武田薬品工業。いずれも国境をまたぐ国際案件で、このうちの2件は「兆円」を超える。

世界的なコロナ感染拡大で海外企業との大型M&Aは今年に入り、パタリと途絶えていたが、8月になって突如息を吹き返した形だ。

セブン&アイ、米コンビニ買収は歴代4位

先陣を切ったのはセブン&アイ。8月初め、米国3位のコンビニエンスストア「スピードウェイ」を約2兆2176億円で買収すると発表した。買収金額は日本企業による海外買収として歴代4位となる破格の案件だ。

スピードウェイは米石油精製大手マラソン・ペトロリアムの傘下で、ガソリンスタンド併設型コンビニを約3900店舗展開する。セブン&アイの米子会社「セブン-イレブン」は全米第1位の約9800店舗を持つが、シェアは6%程度。業界1位と3位の有力ブランドがタッグを組むことで、シェアは8.5%に高まり、2位のアリメンテーション・カウチタードをシェアで2倍以上突き放す。

セブン&アイは2005年に“本家”の米セブン-イレブンを完全子会社化。2017年には中堅コンビニのスノコLP(約1100店舗)を約3650億円で買収している。

日本ペイント、シンガポール企業の傘下に

セブン&アイのケースとは反対に、買われる立場となるのが塗料国内トップの日本ペイントホールディングス。8月21日、筆頭株主のシンガポール塗料大手ウットラムグループの傘下に入ると発表した。

ウットラムによる取得金額は1兆1851億円に上り、日本企業をターゲットにした買収案件としてこちらは過去2番目のスケールだ。

東芝の経営再建に絡んで2018年に米投資ファンドのベインキャピタルが主導する日米韓連合が東芝メモリ(現キオクシア)を約2兆円で買収したが、これに次ぐ。

ウットラムは日本ペイントの実施する第三者割当増資を引き受け、出資比率を現在の39%から59%に引き上げ、2021年1月1日に子会社化する。日本ペイントの上場は維持される。

ウットラムが単独で営むインドネシア事業やウットラムとアジア各国で展開する合弁事業を日本ペイント側に集中させる事実上の経営統合を狙いとする。だが、日本ペイントはウットラムから事業を取り込む対価として新株を割り当てる結果、支配権を握られるのを許容した形だ。

日本ペイントHDの東京事業所(東京・南品川)

武田、大衆薬事業を米投資ファンドに売却

武田薬品工業は8月24日、ビタミン剤「アリナミン」や風邪薬「ベンザ」などの一般医薬品(大衆薬)を手がける100%子会社の武田コンシューマーヘルスケア(東京都千代田区)を米投資ファンドのブラックストーンに売却すると発表した。売却金額はおよそ2400億円に上る。

武田は消化器系疾患、希少疾患、オンコロジー(がん)など収益性の高い医療用医薬品事業に経営資源を集中している。社運をかけて2019年1月に、アイルランド製薬大手のシャイアーを、日本企業によるM&Aとして過去最大となる約6兆2000億円で買収したのはその象徴だ。

今回の武田コンシューマーヘルスケアの売却は、シャイアー買収で膨らんだ借入金の圧縮の一環。非中核と位置づける一般医薬品事業を切り離すことにした。武田コンシューマーは投資ファンドのもとで、今後、株式上場を目指すとみられる。

主力の「アリナミン」は1954年に錠剤を発売して以来、同社の看板商品。87年にはドリンク剤も発売した。しかし、これら一般薬事業のウエートは3兆3000億円近い武田の連結売上高の2%程度に過ぎなかった。

武田薬品の看板商品「アリナミン」シリーズ

今年は7月まで、取引金額1000億円を超える大型M&Aは、ホームセンターのアークランドサカモトが同業のLIXILビバを子会社化(約1085億円、6月発表)する案件など2件にとどまっていた。それが一転、8月に入り、日本のM&A史に残る大型案件が集中した。

◎日本企業が絡む大型M&Aの上位10(HDはホールディングスの略)

買手企業 対象企業 買収金額 発表年
1 武田薬品工業 アイルランド・シャイアー 6兆2000億円 2018年
2 ソフトバンクグループ 英ARMホールディングス 3兆3000億円 2016年
3 日本たばこ産業 英ギャラハー 2兆2500億円 2006年
4 セブン&アイ・HD 米スピードウェイ 2兆2000億円 2020年
5 米ベインキャピタル 東芝メモリ 2兆円 2017年
6 ソフトバンク 英ボーダフォン日本法人 1兆9000億円 2006年
7 ソフトバンク 米スプリント・ネクステル 1兆8000億円 2012年
8 サントリーHD 米ビーム 1兆6500億円 2014年
9 ウットラム・グループ
(シンガポール)
日本ペイントHD 1兆1851億円 2020年
10 アサヒグループHD 豪カールトン 1兆1400億円 2019年

※M&A Online編集部調べ。発表年はいずれも買収計画の公表時

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

マスク不足「完全解消」へ! 東京都心のコンビニでも在庫豊富に

マスク不足「完全解消」へ! 東京都心のコンビニでも在庫豊富に

2020/06/03

新型コロナウイルス感染症に伴う深刻なマスク不足が完全に解消したようだ。4月下旬には雑貨店や飲食店、露天商などが中国製の不織布マスクの販売を始まっていたが、6月に入ってからは東京都心のコンビニエンスストアでも大量の在庫が並ぶようになっている。

関連のM&Aニュース