武田薬品工業は子会社を通じて、米国のバイオ医薬品会社Millennium Pharmaceuticals, Inc.(マサチューセッツ州。売上高約539億円、営業利益約△24億4000万円、純資産約2289億円)をTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決議した。全株式の取得を目指す。Millennium Pharmaceuticalsは今回のTOBに賛同の意見を表明している。

Millennium Pharmaceuticalsは、がんと炎症疾患において強力な研究開発パイプラインを有する世界有数のバイオ医薬品会社。がんを研究開発の重点疾患と位置付ける武田薬品工業は同社を取り込むことで、新薬開発においてリーディングカンパニーとしての地位確立を狙う。

TOBの買付価格は1株あたり約2550円。

TOBの買付総額は約9000億円。

公開買付期間は米国時間2008年4月10日から5営業日以内に開始され、開始後20日営業日までを予定している。