武田薬品工業のニュース記事一覧

大学発ベンチャーの「起源」(64) Chordia Therapeutics

大学発ベンチャーの「起源」(64) Chordia Therapeutics

Chordia Therapeuticsは、京都大学発のがん領域に特化した研究開発型バイオベンチャー。武田薬品工業が研究体制を再編するのに伴い、6人の元同社研究者によって2017年10月に設立。設立と同時に第三者割当て増資に成功している。

記事を読む
「武田薬品M&A戦略 失敗の検証」|編集部おすすめの1冊

「武田薬品M&A戦略 失敗の検証」|編集部おすすめの1冊

M&A Onlineが今回取り上げるのは「武田薬品M&A戦略 失敗の検証」(原雄次郎著、さくら舎刊)。大型M&Aを繰り返し、世界トップ10のメガファーマ入りを果たした武田だが、異常なグローバル化を進めた結果、屋台骨を揺るがせかねない危機にあるという。

記事を読む
事業売却を進めていた「武田薬品」が一転 企業買収を加速

事業売却を進めていた「武田薬品」が一転 企業買収を加速

アイルランドの製薬会社シャイアーの買収で膨らんだ借入金の返済のために非中核事業の売却を進めてきた武田薬品工業が、中核事業と位置付ける、がん領域で企業買収を加速している。

記事を読む
【ヘルスケア】2021年のM&A取引金額ベスト3は?

【ヘルスケア】2021年のM&A取引金額ベスト3は?

2021年のヘルスケア業界におけるM&Aでの取引金額トップは帝人が武田薬品から4製品の製造販売承認を取得した案件、2位は新薬開発のEPSHDがMBOで株式を非公開化した案件、3位はMBKパートナーズが介護のツクイHDのTOBを実施した案件。

記事を読む
いよいよ新型コロナワクチンの製造に乗り出す「武田薬品」他のワクチンとどこが違う?

いよいよ新型コロナワクチンの製造に乗り出す「武田薬品」他のワクチンとどこが違う?

武田薬品工業は2021年12月16日に、米国の製薬会社ノババックスが開発中の新型コロナウイルスワクチンの製造販売承認を厚生労働省に申請した。ファイザーやモデルナなどの他のワクチンとどのように違うのだろうか。

記事を読む
期待高まる新型コロナの「国産ワクチン」打てるのはいつ?

期待高まる新型コロナの「国産ワクチン」打てるのはいつ?

3Hクリニカルトライアルは、同社が運営する治験情報サイト「生活向上WEB」で日本の製薬会社が手がける国産の新型コロナワクチンの治験参加者を募集したところ、希望者が1万4000人を超えたと発表した。

記事を読む
ロートが買収した「ボラギノール」の天藤製薬、その意外なルーツ

ロートが買収した「ボラギノール」の天藤製薬、その意外なルーツ

目薬最大手のロート製薬が痔の治療薬「ボラギノール」を製造する天藤製薬の株式67.19%を取得して子会社化すると発表した。買収金額は非公開だが、90億円程度とみられる。目薬メーカーが目をつけた天藤製薬の歴史は200年を超える。そのルーツは?

記事を読む
【ロート製薬】2030年にありたい姿に向けM&Aを推進

【ロート製薬】2030年にありたい姿に向けM&Aを推進

ロート製薬が、およそ1年半ぶりにM&Aに乗り出した。痔の治療薬を手がける天藤製薬を子会社化するもので、一般用医薬品事業領域の拡大を掲げる2030年ビジョン実現の一環だ。今後は他の事業領域でのM&Aもありそうだ。

記事を読む
新型コロナワクチン、12-17歳への接種「モデルナ」が6月に申請

新型コロナワクチン、12-17歳への接種「モデルナ」が6月に申請

新型コロナウイルスワクチンを供給している米国のバイオ企業モデルナ(マサチューセッツ州)は2021年6月上旬に、米国をはじめとする世界各国で、12-17歳に同社製ワクチンを接種する申請を行う。

記事を読む
ワクチン大規模接種を支える「武田薬品」の取り組みとは?

ワクチン大規模接種を支える「武田薬品」の取り組みとは?

新型コロナウイルス向けワクチンの大規模接種が2021年5月24日に、東京と大阪の会場で始まった。ワクチンは武田薬品工業<4502>が輸入する米国のバイオ企業モデルナ(マサチューセッツ州 )が開発したものを使用する

記事を読む
承認間近の「モデルナ」製の新型コロナワクチン その効果は?

承認間近の「モデルナ」製の新型コロナワクチン その効果は?

日本政府が2021年前半に5000万回分を調達する予定の、米バイオ企業・モデルナ(マサチューセッツ州 )製の新型コロナウイルス用ワクチンが2021年5月にも承認される見通しとなった。

記事を読む
上場企業による子会社・事業の売却が過去10年で最多に

上場企業による子会社・事業の売却が過去10年で最多に

上場企業が2020年に子会社や事業を売却すると発表した件数が、過去10年で最多となった。多くの案件で業績の悪化が背景にあり、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う景気低迷が要因の一つとなったことがうかがえる。

記事を読む
武田薬品が完全子会社化する「日本製薬」ってどんな会社

武田薬品が完全子会社化する「日本製薬」ってどんな会社

​武田薬品工業は2021年4月1日に、血漿分画製剤事業を主力とする子会社の日本製薬を完全子会社化する。血漿分画製剤事業の連携を強化するのが狙いだ。日本製薬とはどのような企業なのか。

記事を読む
日本で最初に接種できる新型コロナ「ワクチン」ってどんなもの

日本で最初に接種できる新型コロナ「ワクチン」ってどんなもの

日本で最初に接種できるワクチンが絞られつつある。有効性のデータを公表した米国の製薬大手ファイザーと、同じく有効性を示した米国のバイオテクノロジ―企業モデルナが開発しているmRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンがそれだ。

記事を読む
事業売却の手を緩めない「武田薬品」次に白羽の矢が立つのは

事業売却の手を緩めない「武田薬品」次に白羽の矢が立つのは

武田薬品工業の事業売却が止まらない。売却額はすでに1兆円を超えているものの、まだまだ売却の手を緩める気配はない。次に白羽の矢が立つ事業は何だろうか。

記事を読む
日本企業のM&Aトップ10にずらり、「ソフトバンク」の独壇場

日本企業のM&Aトップ10にずらり、「ソフトバンク」の独壇場

ソフトバンクグループ(SBG)が傘下の英半導体設計大手のアーム(ARM)を手放すことになった。売却先は米半導体大手のエヌビディア(NVIDIA)。その金額は最大4.2兆円に上り、日本企業が絡むM&Aで歴代2位となるビッグディールだ。

記事を読む
新型コロナワクチン3社目の調達先「モデルナ」とは

新型コロナワクチン3社目の調達先「モデルナ」とは

日本政府は米国のバイオ企業モデルナ(マサチューセッツ州 )から新型コロナウイルス向けワクチン4000万回分を調達する方針だ。モデルナのワクチンとはどのようなものなのか。

記事を読む
8月の希望退職者募集、河西工業・ワールド・チムニーなど6社で新型コロナが引き金に

8月の希望退職者募集、河西工業・ワールド・チムニーなど6社で新型コロナが引き金に

新型コロナの影響下、希望(早期)退職者の募集が増え続けている。8月中に計画を発表した上場企業は武田薬品工業、ワールド、河西工業など8社に上り、月別では5月と並ぶ今年最多。1月からの累計では42社(延べ45社)と前年(36社)を大きく上回る。

記事を読む
新型コロナの夏、セブン・日本ペイント・武田…なぜか大型M&Aが集中

新型コロナの夏、セブン・日本ペイント・武田…なぜか大型M&Aが集中

新型コロナの夏、日本企業が絡む大型M&Aが相次いでいる。その顔ぶれはセブン&アイ・ホールディングス、日本ペイントホールディングス、武田薬品工業。いずれも国境をまたぐ国際案件で、このうちの2件は「兆円」を超える。

記事を読む
苦渋の「アリナミン」売却 武田薬品の本当の狙いは

苦渋の「アリナミン」売却 武田薬品の本当の狙いは

武田薬品工業がビタミン剤のアリナミンなどの大衆薬事業を手がける子会社の武田コンシューマヘルスケアを米投資ファンドのブラックストーン・グループに売却する。その狙いとは。

記事を読む
新型コロナ向け「ワクチン」日本国民全員分の調達はいつになるのか

新型コロナ向け「ワクチン」日本国民全員分の調達はいつになるのか

新型コロナウイルス向けワクチン調達で、先行する米国や英国にやや水をあけられた感のある日本だが、海外製薬会社からの調達や日本メーカーへの生産支援などで、ワクチン確保のめどが立ってきた。

記事を読む
旅行大手のHIS「コロナ禍収束」を見越し反転攻勢に

旅行大手のHIS「コロナ禍収束」を見越し反転攻勢に

エイチ・アイ・エスがコロナ禍の収束を見越して攻勢に打って出た。同社子会社のH.I.S.ホテルホールディングス​が、ホテルや旅館を対象にM&Aや資本、業務提携、人材派遣などの取り組みを強化する。

記事を読む
新型コロナ「ワクチン」の国内生産が一気に5億回分に 武田薬品も米社製で参入​

新型コロナ「ワクチン」の国内生産が一気に5億回分に 武田薬品も米社製で参入​

新型コロナウイルス向けワクチンの量産体制が整いつつある。厚生労働省はワクチン生産体制の緊急整備事業として、国産ワクチンの開発を手がける4社と外国製ワクチンの量産にかかわる2社に助成金を交付する。

記事を読む
コーポレート・ガバナンスの強化

コーポレート・ガバナンスの強化

2019年1月施行の改正開示布令で、役員報酬ので固定部分、短期・中長期の業績連動部分については具体的に有価証券報告書に記載しなければならなくなりました。

記事を読む
2019年上期の IT・ソフトウェア業界のM&A 金額は2008年以降で2番目の高水準

2019年上期の IT・ソフトウェア業界のM&A 金額は2008年以降で2番目の高水準

2019年上期(1-6月)のIT・ソフトウェア業界のM&Aは件数が61件で、金額は6195億円となった。2008年以降では、件数は3番目、金額は2番に高い水準となった。

記事を読む

今日は何の日?M&Aカレンダー