「カラオケの鉄人」を運営する鉄人化計画<2404>が2020年8月期第3四半期で2億2800万円の債務超過に陥りました。新型コロナウイルスの感染拡大で2020年4月、5月は営業自粛に追い込まれたことが経営に大きく影響しました。

2020年8月期第3四半期の売上高は前期比18.2%減の44億1000万円。3億4800万円の営業損失(前期は2億7800万円の黒字)を計上しました。純損失は7億8900万円(前期は2億4600万円の黒字)。通期の純損失は16億円にも上る見込みです。

鉄人化計画は創業者日野洋一氏の資産管理会社ファースト・パシフィック・キャピタル(東京都目黒区)に540万株を割り当てて、15億円調達することを決めました。発行済株式数820万株に対して540万株を新規発行。65.8%の希薄化を伴う増資となります。これにより、目先の債務超過は解消される見込みです。

この記事では以下の情報が得られます。

・鉄人化計画の業績推移
・ファースト・パシフィック・キャピタルについて
・M&Aによる多角化の内容

増資で創業者の影響力は強まるか

カラオケの鉄人営業時間
緊急事態宣言が終わり、通常営業に戻ったカラオケの鉄人

鉄人化計画はカラオケボックス業界の中で第4位のシェアを取っています。1位が「ビッグエコー」の第一興商<7458>、2位が「カラオケ まねきねこ」のコシダカホールディングス<2157>、3位が「コート・ダジュール」のAOKIホールディングス<8214>です。50%以上のシェアを獲得する第一興商が他社を圧倒しています。鉄人化計画は6%程度。鉄人化計画は競合から後れをとっていた企業でした。

2017年8月期に15億8400万円の純損失を計上しています。これは営業利益率の悪化に歯止めがかからず、14店舗で減損損失を計上したため。設備や人材育成への投資が進まず、多くの店舗で減損へと至ったのです。

■鉄人化計画業績推移

2016年8月期2017年8月期2018年8月期2019年8月期2020年8月期(予想)
売上高80億2500万円78億3000万円73億5400万円71億6500万円55億円
増減18.5%減2.4%減6.1%減2.6%減23.2%減
純利益(損失) △3億4900万円△15億8400万円△1億9300万円1億6800万円△16億円

決算説明資料より筆者作成

ファースト・パシフィック・キャピタルは、創業者日野洋一氏退任前の2011年2月から鉄人化計画の株式を買い進めました。2011年8月末時点で33.1%を保有する筆頭株主に躍り出ます。2014年11月に日野洋一氏が代表の座を降りた後も、資産管理会社であるファースト・パシフィック・キャピタルを通じて影響力を発揮し続けています。

その象徴的な出来事があります。大赤字を出した2017年代表取締役の堀健一郎氏が辞任しました。辞任の理由は筆頭株主であるファースト・パシフィック・キャピタルの経営方針に相違が生じたため。事実上の解任でした。

新社長には常務執行役員だった松本康一郎氏が就任します。しかし、わずか1か月ほどでファースト・パシフィック・キャピタルは経営陣の提案を行います。その中から代表に選ばれたのは岡﨑太輔氏でした。岡﨑氏は2015年からファースト・パシフィック・キャピタルの社長室長を務めています。いわば、日野洋一氏の手中にある人物といえます。