日本ペイントは、金属表面処理剤を製造・販売する海外2社について株式を追加取得し、子会社化することを決議した。取得するのは、韓国の立時化学(安山市。売上高18億8000万円、営業利益2億6200万円、純資産7億7900万円)とフィリピンのNippon Paint Philippines, Inc.(カブヤオ市。売上高12億3000万円、営業利益5300万円、純資産9億4200万円)で、それぞれ現在40.0%の持ち株比率を51.0%に引き上げる。

2社は、日本ペイントとアジア地域において合弁会社を運営しているWuthelam Holdings Ltd.(香港市)傘下の企業で、いずれも金属表面処理剤などを製造・販売する。日本ペイントは、2社に対するコミットメントを強化するほか、経営資源や技術支援を通じて売上拡大を目指す。

取得価額は約6億1300万円。取得予定日は2008年6月20日。