レナウンが肌着子会社をアツギに売却へ、シナジー効果を狙う

alt
※画像はイメージです

公開日付:2020.08.20

 民事再生中の(株)レナウン(TSR企業コード:295833440、江東区)は8月20日、連結子会社で肌着や靴下の製造販売を手がける(株)レナウンインクス(TSR企業コード295423331、江東区)の全株式を肌着大手のアツギ(株)(TSR企業コード:350005117、神奈川県、東証1部)に譲渡すると発表した。株式譲渡予定日は10月1日。
 アツギは、レナウンインクスについて「主力商品群の商品構成をはじめ、企画・デザイン・調達面等における重複が少ない。互いに補完関係があり、縮小する国内市場で競争力強化とシェア拡大に繋がる」と評価し、「様々な部分で将来的なシナジー効果を発揮できる」とコメントしている。
 レナウンは8月17日、再生計画案の提出期限を来年2月17日まで延期することを明らかにしており、スポンサー選定が難航している。

東京商工リサーチ「データを読む」より

M&A速報はこちら

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

『アパレル興亡』|編集部おすすめの1冊

『アパレル興亡』|編集部おすすめの1冊

2020/08/10

今年5月、アパレル業界に激震が走った。レナウンが経営破たんした。かつて売上高トップを誇り、業界盟主だったレナウンの凋落は同業各社だけでなく、すべての企業にとって決して他人事ではない。そのことをアパレル産業の変遷を踏まえ、如実に教えてくれる。