トップ > ビジネスと経済 > 企業動向 >次期ARMアーキテクチャー「Mac」でウィンドウズは動くのか

次期ARMアーキテクチャー「Mac」でウィンドウズは動くのか

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

米アップルが2020年中にパーソナルコンピューター「Mac」シリーズのCPU(中央演算処理装置)を、現在の米インテル製から自社開発したARMアーキテクチャーの「Apple Silicon」へ切り替える。仕事で「Mac」シリーズを使用しているユーザーにとって最大の関心事は、ビジネス環境で圧倒的なシェアを持つ米マイクロソフトのウィンドウズが次期「Mac」シリーズでも利用できるかどうかだ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY