ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「eスポーツ」とは?市場規模2300億円のビジネスチャンス

alt

資金調達に成功した株式会社ActEvolve

アパレルもeスポーツ専用のウェア開発に力を入れる

日本でおなじみの家具メーカー、IKEAはeスポーツ専用の家具開発計画を発表しています。3Dデザイン会社のUnyq、養育推進会社Area Academyと協力し、ゲームライフを快適に過ごせる空間作りを行います。eスポーツの選手からアドバイスを受け、体にフィットするようなデザイン家具を提供する予定です。名の知れた家具メーカーが参入を決めたことで、eスポーツそのものの知名度が上がると予想されます。

アパレル商品の開発・販売も過熱しています。Meta Threadsはゲーマー専用のアパレル商品を販売。人気ブランド「NINJA COLLECTION」は有名ゲーマーとのコラボレーションで生まれました。DesignByHumands、J!NXはプロのeスポーツウェアを開発し、ゲーマーがインフルエンサーとなることでファンを獲得しています。大手スポーツブランドのアディダスは「North」「Team Vitality」などのプロeスポーツチームのブランド商品を展開しています。

eスポーツのスポンサーには、KDDIやサッポロビールなどが名を連ねるようになっており、国内での盛り上がりに期待できそうです。

麦とホップ@ビールを飲む理由

麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。 ブログはこちら 「ビールを飲む理由」 


NEXT STORY

玩具業界の動向から、クリスマスプレゼントの傾向と対策を読み解いてみた

玩具業界の動向から、クリスマスプレゼントの傾向と対策を読み解いてみた

2017/12/24

総務省統計局の家計調査によれば、クリスマスイブに支出が多くなるものの一つが「玩具」。そこで今回は、玩具業界にスポットを当てつつ、2017年のクリスマスプレゼントの傾向と対策を考えてみた。

関連のM&Aニュース