(株)電通(以下「電通」)の海外本社である電通イージス・ネットワークは、カザフスタンの広告会社グループであるFifty Four Media LLPの株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大して完全子会社化するオプションを電通グループが有することにつき、Fifty Four Media LLPの株主と合意した。

Fifty Four Media LLPは、傘下にTFF-Central Asia LLPとQuattro Media Advertising LLPを有している持株会社である。電通グループのカザフスタンにおけるメディア領域のサービスは、メディア・コミュニケーション・エージェンシーである Carat(カラ)がTFF-Central Asia LLPと、同様に、Vizeum(ビジウム)がQuattro Media Advertising LLPと提携して提供してきたが、成長著しい同国を含むCIS地域での成長戦略を加速するため、Fifty Four Media LLPを買収するに至った。

株式取得価額は非公表。

株式譲渡実行日は未定。