電通は、海外本社である電通イージス・ネットワーク(英ロンドン)を通じて、チリの大手デジタル広告会社White Label MKT SpA(ホワイトラベル社)の全株式を取得し、子会社化することで同社株主と合意した。

ホワイトラベル社は2012年設立で、SEO(検索エンジン最適化)、SEM(検索エンジンマーケティング)、CRO(コンバージョン率最適化)、ソーシャルメディア活用、運用型広告などの領域を扱っている。電通は同社をチリの拠点とし、ラテンアメリカでの成長戦略を加速させる。

株式取得価額、取得日は非公表。