電通は31日、VOYAGE GROUPを子会社化すると発表した。VOYAGE GROUPが2019年1月1日に電通傘下のインターネット広告会社、サイバー・コミュニケーションズ(CCI、東京都中央区。売上高929億円、営業利益25億3000万円、純資産99億4000万円)を株式交換により完全子会社化すると同時に持ち株会社に移行し、電通がこの持ち株会社の株式53.1%を取得する。

CCIは電通とソフトバンクの共同出資で1996年に日本初のデジタル専門広告会社として発足。新興市場への上場を経て、電通は2009年にCCIを完全子会社化した。VOYAGE GROUPは1996年の設立以来、広告配信プラットフォームや販促系インターネットメディア(ポイント交換サイトなど)の運営を主力とする。

VOYAGE とCCIは同領域でビジネス展開するものの、その顧客・メディアの重複は比較的少ない。両社の販路を利用したクロスセルの拡大などを通じて顧客基盤の強化につなげる。株式交換比率はVOYAGE 1:CCI26で、CCI株1株に対してVOYAGE株26株を割り当てる。

VOYAGEは経営統合に伴い持ち株会社制に移行するため、同日、分割準備会社を設立した。