電通はインターネット広告やマンガ配信サービスなどを手がけるセプテーニ・ホールディングス(東京都新宿区。売上高152億7200万円、営業利益9億7700万円)の株式の20.99%を公開買付で取得する。

セプテーニ・ホールディングスは連結子会社35社、持分法適用関連会社11社からなる企業グループ。電通はデジタル広告分野での事業拡大を目的に、資本関係を築くことにした。セプテーニ・ホールディングス上場は維持する。

公開買付後は電通の持つマスメディアとデジタルメディアを掛け合わせたプランニングノウハウなどと、セプテーニ・ホールディングスグループが持つスマーフォンやソーシャルメディア分野のノウハウなどを活用して、シナジー効果を発揮していく。

公開買付期間は2018年10月31日から12月1日まで。買付価格は1株260円。2018年10月29日の株価は134円で、94.0%のプレミアムとなる。買付総額は69億9270万円。