麦とホップ @ビールを飲む理由

しがないサラリーマンが30代で飲食店オーナーを目指しながら、日々精進するためのブログ「ビールを飲む理由」を書いています。サービス、飲食、フード、不動産にまつわる情報を書き込んでいます。飲食店、宿泊施設、民泊、結婚式場の経営者やオーナー、それを目指す人、サービス業に従事している人、就職を考えている人に有益な情報を届けるためのブログです。やがて、そうした人たちの交流の場になれば最高です。

最新の記事

WDIが承継した老舗すき焼き店「ちんや」が3月に再オープン

WDIが承継した老舗すき焼き店「ちんや」が3月に再オープン

「カプリチョーザ」や「ハードロックカフェ」を運営するWDIが、2021年8月に老舗すき焼き店「ちんや」を買収しました。閉店していた「ちんや」は2022年3月に創業の地浅草で再オープンする予定です。WDIとはどのような会社なのでしょうか?

記事を読む
米国本社が倒産しても日本のDEAN&DELUCAが存続している理由

米国本社が倒産しても日本のDEAN&DELUCAが存続している理由

米国のDEAN & DELUCAが2020年3月31日米連邦破産法11条の適用を米ニューヨークの裁判所に申し立てました。負債総額は約550億円。倒産から2年半近く経過した後も日本の店舗は通常通り営業をしており、破産の影響は一切受けていません。

記事を読む
【2021年外食業界のM&A】スシローが京樽買収でテイクアウト強化へ

【2021年外食業界のM&A】スシローが京樽買収でテイクアウト強化へ

新型コロナウイルス感染拡大の長期化に苦しんだ2021年の外食企業。集客に苦戦する外食企業各社は焼肉や寿司へと業態の幅を広げ、テイクアウトやデリバリーなど多角的な事業展開をするようになりました。その手法としてM&Aを積極活用する例が目立ちます。

記事を読む
国内酒類の売上でキリンがアサヒ国内2位の座を奪えるか

国内酒類の売上でキリンがアサヒ国内2位の座を奪えるか

国内酒類2位のアサヒがキリンに脅かされています。アサヒの国内酒類事業2021年12月期第3四半期の売上高は前年同期比9.3%減の5,034億円。キリンは前年同期比1.2%増の4,850億円となりました。ビールと飲食店比率の高いアサヒが打撃を受けています。

記事を読む
洋菓子のヒロタが上場廃止カウントダウン、債務超過解消の兆しなく

洋菓子のヒロタが上場廃止カウントダウン、債務超過解消の兆しなく

債務超過に陥っている21LADYの上場廃止がカウントダウンに入りました。2022年3月期で債務超過を解消しなければなりませんが、21LADYは5,900万円の純損失を見込んでいます。増資による資本増強への動きも見えず、危機的状況に追い込まれました。

記事を読む
事業承継問題の切り札と目されるサーチファンド・ジャパンとは?

事業承継問題の切り札と目されるサーチファンド・ジャパンとは?

日本で数少ないサーチファンドであるサーチファンドジャパンが、2020年11月に10億円規模の1号ファンドを立ち上げました。投資家は買収企業のサーチ段階から資金を提供し、サーチャーは中小企業の経営者となって企業価値向上に努める新しいタイプのファンドです。

記事を読む
ブライダル企業はゲスト人数の縮小、婚礼単価の激減に耐えられるか

ブライダル企業はゲスト人数の縮小、婚礼単価の激減に耐えられるか

婚礼業界が活気づいてきました。最大手テイクアンドギヴ・ニーズの2022年3月期第2四半期の売上高は前期比191.2%増の180億400万円、エスクリの2022年3月期第2四半期の売上高も前期比189.5%増の99億8,000万円となりました。

記事を読む
小僧寿しが居酒屋と障害者グループホームを運営することへの違和感

小僧寿しが居酒屋と障害者グループホームを運営することへの違和感

債務超過の解消と黒字化を達成した小僧寿しが3社買収を決定しました。居酒屋「とり鉄」のFC展開をするトランセア、障害者グループホーム「わおん」のアニスピホールディングス、食肉加工のミートクレストです。デリバリーに経営資源集中からの急激な方針転換となりました。

記事を読む
「いきなりステーキ」が黒字化を達成、不採算店の退店が奏功

「いきなりステーキ」が黒字化を達成、不採算店の退店が奏功

いきなりステーキが息を吹き返しました。2021年12月期にいきなりステーキ事業単体で9,500万円の黒字化を達成しています。その他のレストランが1億1,500万円の赤字を出したため、会社としては1億9,700万円の純損失となりましたが、着実に回復しています。

記事を読む
焼肉店は不発か? 転換進めたワタミの外食事業上期売上が28%の減少

焼肉店は不発か? 転換進めたワタミの外食事業上期売上が28%の減少

ワタミの2022年3月期第2四半期の国内外食事業が前期比27.8%減の54億1,500万円となりました。ワタミは居酒屋から焼肉店への転換を進めており、日本政策投資銀行から120億円を調達しています。売上高は回復しておらず、転換後も集客に苦戦している様子です。

記事を読む
千趣会から結婚式場運営会社を譲受したCLSAキャピタルパートナーズとは

千趣会から結婚式場運営会社を譲受したCLSAキャピタルパートナーズとは

CLSAキャピタルパートナーズは1986年に香港で設立されたPEファンドです。70億ドル以上の資産を運用しており、香港、シンガポール、東京などアジア地域を中心に11拠点を構えています。2021年3月に千趣会から結婚式場運営のディアーズ・ブレインを買収しています。

記事を読む
原材料高が原因? 牛丼「松屋」の営業赤字が深刻な理由

原材料高が原因? 牛丼「松屋」の営業赤字が深刻な理由

松屋フーズホールディングスが2022年3月期第2四半期で21億3,600万円の営業赤字を計上しました。経常利益は18億9,800万円で黒字になっていますが、これは38億7,700万円の助成金を得ているため。本業の牛丼店で稼ぐ力が失われています。

記事を読む
点心の売上が封じられた井村屋、酒造事業は救世主になるか

点心の売上が封じられた井村屋、酒造事業は救世主になるか

井村屋が2022年3月期第2四半期の業績を上方修正しました。売上高は0.1%増の195億2,700万円、営業利益は140.7%増の6億2,500万円となる見込みです。主力の「あずきバー」の売れ行きが堅調であることに加え、主原料の小豆価格下落が好影響を与えました。

記事を読む
サイゼリヤは2期連続の営業赤字から脱出することができるか?

サイゼリヤは2期連続の営業赤字から脱出することができるか?

サイゼリヤの2021年8月期の売上高が前期比0.3%減の1,265億1,300万円となり、22億6,400万円の営業損失となりました。2020年8月期は38億1,500万円の営業損失で、赤字幅は縮小しています。しかし、黒字化する道は険しそうです。

記事を読む
協力金を失う飲食店の時短制限解除を居酒屋企業は歓迎できるか?

協力金を失う飲食店の時短制限解除を居酒屋企業は歓迎できるか?

東京都は10月25日以降、都の認証を受けた飲食店に対して時短要請を解除し、飲食店が酒類の提供時間や営業時間を元通りにできるよう検討を進めています。飲食店にとっては喜ばしいことですが、協力金や助成金を失って業績に影響が出るのも間違いありません。

記事を読む
パソコン教室「アビバ」を再生に導いたベーシック・キャピタル・マネジメントとは

パソコン教室「アビバ」を再生に導いたベーシック・キャピタル・マネジメントとは

ベーシック・キャピタル・マネジメントは中小企業に特化した投資ファンドです。2005年5月「アビバ」に出資をして再生支援をしました。2021年6月には菓子の製造機器の開発などを行うマスダックを買収しました。マスダックは「東京ばな奈」なども生産しています。

記事を読む
売上高が回復しない安楽亭、起死回生のアークミール買収が裏目に

売上高が回復しない安楽亭、起死回生のアークミール買収が裏目に

安楽亭の売上高が戻りません。2022年3月期第1四半期の安楽亭業態の売上高は前期比0.3%減の20億4,700万円でした。あみやき亭焼肉事業の2022年3月期第1四半期の売上高は前期比22.4%増の37億2,000万円。安楽亭の出遅れが鮮明です。

記事を読む
コンフォートホテルを運営するグリーンズが債務超過に転落

コンフォートホテルを運営するグリーンズが債務超過に転落

ビジネスホテル「コンフォートホテル」を運営するグリーンズが2021年6月期に88億300万円の純損失を計上し、29億3,300万円の債務超過に転落しました。2020年6月末の段階で純資産額は60億300万円、自己資本比率は34.5%でした。

記事を読む
かっぱ寿司が捨て身の半額キャンペーンに乗り出した理由

かっぱ寿司が捨て身の半額キャンペーンに乗り出した理由

半額キャンペーンを実施したかっぱ寿司が、入店10時間待ちという大混雑に見舞われ、「お詫び」を出す異例の事態となりました。あまりの大盛況ぶりに店舗オペレーションが追い付かず、寿司が崩れた写真がSNS上にアップされています。

記事を読む
売上が伸び悩むサーティワン、経費削減策で生き残りをかける

売上が伸び悩むサーティワン、経費削減策で生き残りをかける

B-Rサーティワンアイスクリームが9月21日に2021年12月期の業績予想の上方修正を発表しました。営業利益を前回予想の7億6,000万円から22.4%増となる9億3,000万円に引き上げました。ただし、売上高は187億5,000万円で前回予想を据え置いています。

記事を読む
金子眼鏡をフォーナインズとの経営統合に導いた日本企業成長投資とは

金子眼鏡をフォーナインズとの経営統合に導いた日本企業成長投資とは

日本企業成長投資が2019年10月に出資をした金子眼鏡が、フォーナインズとグループ経営体制に移行し、ジャパン・アイウェア・ホールディングが発足しました。国内唯一となるラグジュアリーアイウェア(高級眼鏡)グループが誕生したこととなります。

記事を読む
一風堂が方針を急転換、低投資・早期回収のロードサイド型を強化

一風堂が方針を急転換、低投資・早期回収のロードサイド型を強化

一風堂が新常態に向けてビジネスモデルを大きく転換しました。これまでは繁華街やショッピングモールを中心に出店してきましたが、矢継ぎ早にロードサイドと小商圏型の店舗を出店。低投資で早期回収が見込める郊外型へとスイッチしました。ラーメン店の中でも一風堂は苦戦をしています。

記事を読む
ぐるなびにカカクコム・・・大苦戦するグルメメディア

ぐるなびにカカクコム・・・大苦戦するグルメメディア

飲食店同様にコロナ禍でグルメメディアも大苦戦を強いられています。ぐるなびは楽天やSHIFTに対する第三者割当増資で33億円を調達しました。食べログは新常態に向けた明確な一手を打ち出すことができず、他の事業に支えられています。

記事を読む
ウマ娘効果? 東京都競馬が営業利益率40%で業績絶好調の理由

ウマ娘効果? 東京都競馬が営業利益率40%で業績絶好調の理由

東京都競馬の業績が好調です。2021年12月期第2四半期の売上高は前期比14.2%増の149億7,500万円、営業利益は同27.0%増の62億4,900万円となりました。営業利益率は40%超えてIT企業のような生産性の高さとなっています。

記事を読む
ハンバーガー、回転寿司、老人ホームまで 居酒屋企業はウィズコロナでどう変わる?

ハンバーガー、回転寿司、老人ホームまで 居酒屋企業はウィズコロナでどう変わる?

居酒屋企業が変化を迫られています。鳥貴族ホールディングスは、チキンバーガー専門店「TORIKI BURGER」の1号店を8月25日大井町に出店。寿司居酒屋「や台ずし」のヨシックスホールディングスはM&Aを通して有料老人ホーム事業に進出すると発表しました。

記事を読む