電通は子会社を通じて、米国の広告会社マックギャリー・ボウエン(ニューヨーク)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

マックギャリー・ボウエンは2002年設立で、独立系広告会社として急成長している。売上総利益は約51億円。電通は米国における広告事業を強化し、サービスの向上と業績の拡大を目指す。

取得価額は非公表。取得日は2008年11月12日。