M&A速報

フジ・メディア・ホールディングス<4676>、BS放送事業のビーエスフジを完全子会社化

2010/11/02

フジ・メディア・ホールディングスは、BS放送事業を手がけるビーエスフジ(東京都港区。売上高63億7000万円、営業利益3億5200万円、純資産73億9000万円)を株式交換により完全子会社化することを決めた。現在ビーエスフジは持ち分法適用関連会社で、株式44.50%を所有している。株式交換実施予定日は2011年4月1日。

フジ・メディアHDはグループの企業価値向上のため、2008年10月に認定放送持ち株会社体制へと移行し、放送事業を核とした事業再編の検討を進めてきた。今回、完全子会社化によりビーエスフジとの協力体制を一層強化し、地上波を主力としつつ、BS・CSと合わせた3波一体運営による放送事業の展開を目指す。

株式交換比率はフジ・メディアHD1:ビーエスフジ0.10で、ビーエスフジの普通株式1株に対して、フジ・メディアHDの普通株式0.10株を割り当てる。完全子会社化後、フジ・メディアHDはビーエスフジの無償減資を行い、ビーエスフジが抱える累積損失(2010年3月期末現在236億円)を解消する予定。

M&Aデータベース

関連の記事

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

【2018年3月M&Aサマリー】買収は49件 「20億円超」増えて13件=適時開示ベース

2018/04/05

東証の「適時開示」ベースで買収案件を集計したところ、3月は49件と前月より4件減った。大型案件が目立ち、日本たばこ産業がロシアのたばこメーカー4位を約1900億円で、東レがオランダの炭素繊維大手を1230億円でそれぞれ子会社化した。

「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

「上場企業2,172社の平均年間給与」調査 2017年3月期決算

2017/07/29

2017年3月期決算の上場企業2,172社の平均年間給与は628万1,000円(中央値610万円)で、前年より4万1,000円(0.6%増)増えた。業種別トップは建設業で唯一の700万円台。平均年間給与1,000万円以上は47社だった。

【フジメディアホールディングス】M&Aなどの投資で、メディア以外の事業領域へ挑戦

【フジメディアホールディングス】M&Aなどの投資で、メディア以外の事業領域へ挑戦

2016/07/21

メディア・コングロマリットを目指すフジメディアホールディングス。グループ株式の追加取得、協業を見込んだ出資や第三者割当増資の引き受けなど、毎年数件のM&Aを実施しており、近年はメディア以外の事業領域への投資も進めている。セグメント別の利益などを分析してみる。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5