ヤフーは、サイバーエージェント傘下で外国為替証拠金取引(FX)事業のサイバーエージェントFX(東京都渋谷区。営業利益84億9000万円、純資産90億6000万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

ヤフーは決済・金融事業を今後の新しい事業の柱とする考えで、今回の子会社化により成長分野の1つであるFX事業に参入する。金融事業や金融システム開発のノウハウを取り込むことで効率化を図り、同事業にスムーズに参入できると判断した。買収後は自社の有料会員に投資商品の情報などを提供するほか、取引のたびに「Yahoo!ポイント」が貯まるようにするなどのヤフーの既存事業との相乗効果創出を目指す。

取得価額は210億円。取得予定日は2013年1月31日。