スタートアップの記事一覧

「起業家のために汗をかく」作戦とは ジャフコ グループの南黒沢晃パートナーに聞く

「起業家のために汗をかく」作戦とは ジャフコ グループの南黒沢晃パートナーに聞く

ベンチャーキャピタル専業大手のジャフコ グループは、2020年10月に社名をジャフコからジャフコ グループに変更した。社名を変えることでどのような変化を見込んでいるのか。同社パートナー の南黒沢晃氏に狙いなどを聞いた。

記事を読む
IPOを目指すスタートアップの成長を加速するM&A活用術と留意点|EY新日本 IPOグループ統括 藤原選氏に聞く(後編)

IPOを目指すスタートアップの成長を加速するM&A活用術と留意点|EY新日本 IPOグループ統括 藤原選氏に聞く(後編)

近年、スタートアップが上場前にM&Aを活用して事業を多角化・拡大してIPOを目指すケースが増えています。第3回はM&Aを成功に導くための法的スキームや会計処理などについて、EY新日本有限責任監査法人でIPOグループ統括を務める藤原選氏(公認会計士)にアドバイスしてもらった。

記事を読む
IPOを目指すスタートアップの成長を加速するM&A活用術と留意点|EY新日本IPOグループ統括 藤原選氏に聞く(中編)

IPOを目指すスタートアップの成長を加速するM&A活用術と留意点|EY新日本IPOグループ統括 藤原選氏に聞く(中編)

近年、スタートアップが上場前にM&Aを活用して事業を多角化・拡大してIPOを目指すケースが増えている。第2回はスタートアップがM&Aを利用する際の留意点について、EY新日本有限責任監査法人でIPOグループ統括を務める藤原選氏(公認会計士)に聞いた。

記事を読む
  IPOを目指すスタートアップの成長を加速するM&A活用術と留意点|EY新日本 IPOグループ統括 藤原選氏に聞く(前編)

IPOを目指すスタートアップの成長を加速するM&A活用術と留意点|EY新日本 IPOグループ統括 藤原選氏に聞く(前編)

近年、スタートアップが上場前にM&Aを活用し、事業を多角化・拡大してIPOを目指すケースが増えている。なぜM&Aが増えているのか、スタートアップがM&Aを活用する際の留意点とは何か、EY新日本有限責任監査法人でIPOグループ統括を務める藤原選氏に聞いた。

記事を読む
経産省、「大企業×スタートアップのM&Aに関する調査報告書」を公表

経産省、「大企業×スタートアップのM&Aに関する調査報告書」を公表

経済産業省は、2021年3月26日、「大企業×スタートアップのM&Aに関する調査報告書」を公表しました。本調査書では、M&A投資戦略に関するIR事例が複数紹介されています。

記事を読む
経産省「大企業×スタートアップのM&Aに関する調査報告書」を公表

経産省「大企業×スタートアップのM&Aに関する調査報告書」を公表

経済産業省は企業の成長投資やオープンイノベーション(外部の技術や知識などを活用した技術革新)の促進を狙いとする「大企業×スタートアップのM&Aに関する調査報告書」を取りまとめ公表した。

記事を読む
新型コロナ後の「投資先」はどこだ 

新型コロナ後の「投資先」はどこだ 

緊急事態宣言の全面解除を受け、百貨店や飲食店などが営業を再開するなど徐々に経済が動き始める中、スタートアップ企業への投資に関連する動きも現れてきた。新型コロナ後はどのような企業に資金が集まるのだろうか。

記事を読む
ヴァージニア会社の歴史に見る米国起業家精神の「もう一つの原点」|間違いだらけのコーポレートガバナンス(11)

ヴァージニア会社の歴史に見る米国起業家精神の「もう一つの原点」|間違いだらけのコーポレートガバナンス(11)

「金(ゴールド)」の発見という初期ビジネスモデル仮説が頓挫した中、トーマス・スマイスをはじめとするヴァージニア会社の投資家と経営者はどうしたのか。現代のスタートアップ用語でいうならば、どうハードピボット(事業転換)したのか。その行方を追う。

記事を読む
【M&A】オープンイノベーション促進税制の創設

【M&A】オープンイノベーション促進税制の創設

「オープンイノベーション促進税制」は、大企業等による、イノベーションの担い手となるスタートアップへの新たな資金供給の促進を政策目的として創設された制度であり、2020年4月1日から2022年3月31日までの間に行われた出資に適用される。

記事を読む
「貨物新幹線構想」は復活するか? JR東日本が実験をスタート

「貨物新幹線構想」は復活するか? JR東日本が実験をスタート

JR東日本系のCVC・JR東日本スタートアップが水産物・青果卸小売業のフーディソンと提携し、2020年1月17日から新幹線物流を活用した鮮魚販売の実験を始める。新幹線を貨物輸送に使う試みだが、実は東海道新幹線時代から、貨物列車構想があった。

記事を読む
人手不足を解消できるか M&Aが人材や技術の獲得手段に GCA調査

人手不足を解消できるか M&Aが人材や技術の獲得手段に GCA調査

M&Aの目的が事業のグローバル化から人材獲得や技術強化に移行しつつある。M&Aのアドバイス事業を手がけるGCAがM&Aに積極的に取り組んでいる日本企業を対象に実施したアンケートで、こんな傾向が現れた。

記事を読む
より瞬時に情報交流を! 新たな「不動産テック」が本格稼働

より瞬時に情報交流を! 新たな「不動産テック」が本格稼働

不動産テック。これまで独特の商慣習に縛られていた不動産業界をITの力によって変えようという取り組みだ。異業種との提携、不動産の売買や賃貸、投資などの面で、新しい仕組みが続々と生まれている。その動きはシェアオフィス業界にも及ぶ。

記事を読む
AIがスタートアップと大企業の協業案を自動作成 デロイトトーマツが事業化

AIがスタートアップと大企業の協業案を自動作成 デロイトトーマツが事業化

デロイトトーマツベンチャーサポートは、AI(人工知能)の活用によりスタートアップ企業と大手企業を最短1分でマッチングし、協業案も自動作成する協業支援サービスの提供を始めた。

記事を読む
​7年で売上高が1688倍になった「Looop」が東京代表に スタートアップワールドカップ

​7年で売上高が1688倍になった「Looop」が東京代表に スタートアップワールドカップ

優勝投資賞金100万ドル(約1億900万円)を競い合う「スタートアップワールドカップ2020」の東京予選が開催され、東京代表にソーラー発電所の設置や電力の小売りなどを手がけるLooop(東京都台東区)が選出された。

記事を読む
日本初クラウドファンディングで上場するマクアケとは?

日本初クラウドファンディングで上場するマクアケとは?

クラウドファンディングのマクアケが12月11日にマザーズに上場します。8期目の比較的若い会社です。4期目で赤字から抜け出し、6期目で1億1200万円の純利益を出しています。注目が高まる分野で、どのような成長曲線を見せるのでしょうか。

記事を読む
「事業計画書」が最短5分で完成 日本クラウドキャピタルが無料提供

「事業計画書」が最短5分で完成 日本クラウドキャピタルが無料提供

日本クラウドキャピタル(東京都品川区)は事業計画書や資本政策を簡単に作成できるツール「FUNDOOR」を開発、無料提供を始めた。多くの起業家を誕生させ、企業の成長を支援するのが狙い。

記事を読む
金融機関との折衝に不可欠な”質の高い”事業計画書の作り方 ~新規事業編〜(2)

金融機関との折衝に不可欠な”質の高い”事業計画書の作り方 ~新規事業編〜(2)

信用の得られる事業計画のポイントを一言でいえば「蓋然性」があること。「売上はいくらになります」という説明だけでは、その数値が本当に達成できるのか、という蓋然性を測ることができない。では、どうすればいいのか?説得力ある計画の書き方を指南する。

記事を読む
レオパレス創業者が立ち上げたMDI、ソフトバンクと資本提携

レオパレス創業者が立ち上げたMDI、ソフトバンクと資本提携

レオパレス21の創業者・深山祐助氏が立ち上げた賃貸住宅事業のMDIが、ソフトバンクグループとOYO Hotels & Homesが出資する合弁会社を通して資本提携します。OYOはソフトバンクが出資するホテル・賃貸住宅のベンチャー企業です。

記事を読む
「スタートアップ」「起業」に興味があったらこれを観よう!

「スタートアップ」「起業」に興味があったらこれを観よう!

スタートアップとは、今までに無いビジネスを起こし世の中を変える事らしい。今秋、日本初のスタートアップを題材にした映画が誕生した。ストーリーが進むにつれスタートアップとは何かがわかるようになる。9月6日より全国で上映中。

記事を読む
2019年上期の国内VC投資、初の1000億円突破

2019年上期の国内VC投資、初の1000億円突破

ベンチャーエンタープライズセンター(VEC)がまとめた2019年上期(1~6月)のベンチャーキャピタル(VC)による国内向け投資額は前年同期比44%増の1016億円となった。上期だけで1000億円を突破するのは初めて。

記事を読む
楽天が買収した「こんまり」って、どんな会社?

楽天が買収した「こんまり」って、どんな会社?

楽天はKonMari Media, Inc.の過半数に当たる株式を取得し、子会社化した。KonMari Mediaは整理整頓関連の書籍や動画などのコンテンツビジネス、ブランディング、プロモーションに楽天と協働で取り組む。両社の狙いはどこに?

記事を読む
KDDIの「親子上場」ヤフー、アスクルの騒動は活かされるか

KDDIの「親子上場」ヤフー、アスクルの騒動は活かされるか

KDDIの連結子会社であるSupershipホールディングスが、株式上場の準備を始めた。実現すればいわゆる親子上場となる。ヤフーとアスクルが上場企業の独立性や少数株主への配慮などを争点に巻き起こった騒動は活かされるか。

記事を読む
手数料定額のスマホ証券「ワンタップバイ」が失速、社長交代へ

手数料定額のスマホ証券「ワンタップバイ」が失速、社長交代へ

1,000円で株式投資ができるスマホ専門の証券会社「ワンタップバイ」の創業者・林和人氏が退任し、新代表に内山昌秋氏が就任しました。同社は口座獲得拡大のため、手数料定額プランを打ち出しました。それが振るわず、苦境へと追い込まれたようです。

記事を読む
ホバーバイク量産を計画するA.L.I.Technologiesとは?

ホバーバイク量産を計画するA.L.I.Technologiesとは?

宙に浮いて移動するホバーバイク「Speeder」を開発するスタートアップ企業A.L.I.Technologiesが、2019年3月に有人飛行試験を実施した。今回のテストを皮切りに、2022年に国内での量産体制に向けて技術力に磨きをかける。

記事を読む
自動車業界での「小規模AIスタートアップ」企業買収が激化!

自動車業界での「小規模AIスタートアップ」企業買収が激化!

2021年には実用的な完全自動運転車が発売されると言われている。シリコンバレーの企業はいち早く自動運転車向けの人工知能(AI)開発に乗り出しており、技術力はナンバーワン。自動車系AIスタートアップの買収と今後対象になりそうな企業を紹介する。

記事を読む